お気に入りに登録

【連載】訪看ステーション「よつば」の公開カンファレンス

CASE14 不定愁訴が多いが、対症療法薬の管理も困難

執筆 川上 加奈子(かわかみ かなこ)

株式会社のものも よつば訪問看護リハビリステーション 看護主任

困難事例14 不定愁訴が多く内服管理が困難なケース


70歳で左肺がんで左開胸手術を実施したAさん。その後、術後の後遺症かははっきりしないものの、8年経過している現在も左肩の強い凝りが続いている。
また不定愁訴が多く、市販薬の風邪薬を追加で飲むことが多々あり。
Aさんからの繰り返される不定愁訴に対し、医師が新しい薬を処方すると、本人が希望したにもかかわらず不安があるようで、自己判断で調整されたり、市販薬を追加してしまう。


カンファレンスの理由

不定愁訴が繰り返されるため、医師が新しい薬が処方するが、Aさんは新しい薬にも不安があるらしく、自己判断で調節したり市販薬を追加してしまう。
そのようなAさんに対し家族も困っており、薬の管理が難しいと感じ、どうしたらよいかをよつばスタッフで、カンファレンスすることとなった。

>> 続きを読む
ページトップへ