お気に入りに登録

【連載】見直そう! CKD・透析ケア

第7回 CKD患者さんの1日に摂取可能なリン・カリウムの値は? なぜ制限するの?

執筆 喜瀬はるみ

東葛クリニック病院 透析統括師長 / 透析看護認定看護師

カリウム制限とその方法

 カリウムやリンはいずれも身体にとって重要なミネラルです。通常、余った分は腎臓で排出されるのですが、腎機能が低下すると排泄が少なくなり、高カリウム血症・高リン血症となり、さまざまな症状を引き起こすため摂取を控えなくてはなりません。
 
 まずカリウムについてですが、CKDではカリウムの排泄機能低下のみならず、アシドーシスといった病態が重複する事で、高カリウム血症の発現リスクが高まることが知られています。人体では通常、尿中への水素イオン(H+)排泄と呼吸による二酸化炭素(CO2)排出により、血液中のpHは7.4程度になるよう調整されています。しかし、腎機能が低下すると尿中に水素イオンが排泄できなくなり、水素イオンが蓄積して血液は酸性となります。この状態を代謝性アシドーシスといいます。アシドーシスの状態になると、細胞は水素イオンを細胞内に取り込み、代わりにカリウムを細胞外に放出します。このことが結果的に高カリウム血症をきたすことになるため、血清カリウム値の異常がある場合は、アシドーシスの確認も必要となります。
 
  >> 続きを読む

ページトップへ