お気に入りに登録

認知症の「BPSD」を知る! 見極める!

解説 熊谷 亮

順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター メンタルクリニック 医師

Bpsd

BPSDがどのような症状なのか、対応するときに知っておきたいポイントを解説します。その困った症状がBPSDかどうかを見極めるためにも、まずはその全体像を知ることが必要です。そのうえで各症状への対応へ結びつけていきましょう。


知っておこう1 BPSDは認知機能障害(中核症状)とは異なる

認知症とは、一度獲得した記憶や言語などの認知機能が、後天的な脳の障害によって低下して、社会生活や日常生活に支障をきたし、それが持続する状態をいいます。中枢神経変性疾患、脳血管障害、頭蓋内病変、神経感染症など多くの疾患が原因となり(認知症様症状を含む)、その中でも下記の4疾患の頻度が高く、重要になっています(表1-1)。

表:認知症の主な病型

認知症で現れる症状には、中核症状と行動・心理症状(behavioral and psychological symptoms of dementia:BPSD)があります(図1-1)。中核症状は、脳の神経細胞が死ぬことによって起こる認知機能障害のことで、記憶障害、失語、失行、失認、遂行機能障害などがみられます。それらに加えて、患者さんの性格や人間関係、環境要因などが複雑にからみ合って起こるのがBPSDです。抑うつなどの精神症状、暴力、大声といった行動上の問題など多様な症状が現れます。BPSDは周辺症状と呼ばれていたものと概ね一致しますが、せん妄は含まれません。せん妄は、疾病分類上認知症と同じ階層に並ぶ症候群に位置づけられ、認知症患者さんによくみられて対応に苦慮する症状の1つです。

>> 続きを読む
ページトップへ