お気に入りに登録

【連載】スーパープリセプターSAKURA

【日常ケア編】新人看護師オススメ記事

編集 ナースプレス編集部

Webサイト「ナースプレス」編集部

Np logo

Icon sakura

今回から、新人看護師にオススメの記事を紹介します。第1回は日常ケア編。



今年も新人が入ってきましたね。


そうね! 今は研修を頑張っているところね。くまみーも研修はけっこう苦労していたじゃない?


よく覚えていますね。大変だったような気がします。内容がいろいろだったから、混乱しました。


そうっすか? あんまり苦労した記憶がないっすね。


就職したばかりで、緊張しているっていうのもあるんじゃないかしら。今回は、研修でやりそうな内容をピックアップして、紹介するわね。
くまみーとスガっちもおさらいしておきなさい!


はーい!


まずは、基本中の基本から。ベッドメイキングは、一通りやり方を覚えておくといいわね。ベッドメイキングで重要なのは、安全、安楽、自立よ。病院によってもやり方が違うと思うけれど、なにが重要なのかをしっかりと頭に入れておくことが大切よ。

●【図解】根拠がわかる! ベッドメイキングの手順とコツ
https://nursepress.jp/225930
● 第3回 ベッドメイキング 見直そう! 5つのポイント
https://nursepress.jp/225929

これも知っておくといいわね!
● 第5回 清拭時にも負担なく実践できる!パジャマ・寝衣交換
https://nursepress.jp/201826
● 実はシンプル!拘縮患者さんの清拭のコツと注意点
https://nursepress.jp/8284

排泄援助技術は、導尿や留置カテーテルの管理や陰部洗浄について読んでおくといいと思うわ。膀胱留置カテーテルの挿入と管理では、安全な手技で行うことはもちろん、感染にも十分に気をつける必要があるわ。
手順を知る前に、そもそも持続的導尿とは何なのか、どんなときに必要になるのかを学んでおくのよ。これを踏まえて、安全に行うための手技とその根拠、注意すべき点を読んでおくとより患者さんに負担をかけないケアが身につくはずよ。

● 持続的導尿とは? 知っておきたいポイント
https:/nursepress.jp/225921
● 根拠がわかる!持続的導尿(膀胱留置カテーテルの挿入)の手順
https://nursepress.jp/225922
● 第2回 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ
https://nursepress.jp/1389
● 第13回【尿道留置カテーテル関連編】一番効果のある感染防止策は?
https://nursepress.jp/3517

じゃ、ここで質問よ。スガっち、おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要かしら?


必要ないっす。おむつ交換のたびに陰部洗浄をすると、皮脂を過剰に取り除くことになるだけではなく、皮膚をこする機械的刺激が皮膚表面のバリア機能を低下させて、ドライスキンを助長することになるっす。


そうね。だから基本的には1日1回でいいのよ。詳しくは、この記事を読んでおいて。

● 第5回 おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要?
https://nursepress.jp/225413

じゃ、もう少しおむつについて質問するわよ。くまみー、紙おむつに尿とりパッドを合わせることをおむつの重ねづけっていうわよね。これは、患者さんにとっていいことかしら、悪いことかしら。


何枚も重ねることは、不快感、モレ、皮膚トラブルにつながる可能性があってよくないと思います。モレがある場合も、尿とりパッドを何枚も重ねればよいというわけではないといわれています。


そうね。おむつの重ねづけが基本的にNGなのは、不快感が強まる、モレが生じる、コストが余計にかかる、体圧が上昇する、ムレによるスキントラブルが起こるからと言われているわ。おむつをつけている患者さんで、モレがあった場合は、その原因をアセスメントすることが大切よ。

● 「おむつの重ね付けが基本的にNG」な5つのワケ
https://nursepress.jp/206191
● 第2回 おむつからの漏れ、どうアセスメントする?
https://nursepress.jp/225401

最後に日常ケアでよく行うものといえば、体位変換ね。コツを紹介しておくわ。

● 第1回 力任せの体位変換を見直しませんか?
https://nursepress/jp/7841
● 負担の少ない体位変換の方法・手順
https://nursepress.jp/225529
● 第2回 慣性モーメント、トルクの原理を使って一人でできる!スマート体位変換
https://nursepress.jp/9132



次回も新人看護師にオススメの記事を紹介するわ。