お気に入りに登録

【連載】事例でみる術後リハビリテーション こんなときどうする?

【術後リハ】術前オリエンテーションを未実施、何が起きたのか?

執筆 黒岩澄志

昭和大学藤が丘病院 リハビリテーション室

Ope reha 1

術直後のリハビリテーションの目的は、術後呼吸合併症の予防、早期離床による早期ADLの再獲得となります。今回は、術前にオリエンテーションを行わなかった事例を取り上げ、解説します。


事例
術前オリエンテーションを行わなかった結果、スムーズに術後リハビリが開始できず、廃用が著しく進んでしまった患者さん

 82歳女性。膵頭部がんと診断され膵頭十二指腸切除術施行。術前のADLは自立しており家事などを行っていた。喫煙歴なし。術前呼吸機能検査において努力性肺活量95%、1秒率90%、BMI20.5。術前オリエンテーションは非実施。

 術後1日目。患者さんの状態は術後翌日の影響もあり倦怠感著明。安静時創部痛はNRSで1点。術後早期離床を促すも「昨日手術したばかりで動けるはずがない」と患者さんから言われてしまう。ここで早期離床についての重要性を患者さんに説明しそのうえで離床開始。起き上がり時腹部に力が入ってしまい創部痛が出現(NRS9点)し起き上がりできず。その後患者さんから「こんなに痛い思いするのなら起きたくない」との発言あり。
 
  >> 続きを読む