お気に入りに登録

【連載】ナースのための消化器ケアに役立つ基礎知識

誤嚥を防ぐポジショニング

監修 犬飼道雄

岡山済生会総合病院 内科 医長

執筆 助金 淳

日比野病院 診療技術部リハビリテーション科 主任

Main compression

【目次】


ポジショニングで大切なことはおもに2つ

食事のときのポジショニングで大切なのは、1)姿勢が安定していること、2)身体がリラックスしていることです。患者さんが、基本姿勢がとれているかチェックしてみましょう。

いすの場合

ポジショニングの基本

正しい座位とは、下半身と体幹を安定させることで上肢や頭頸部などがリラックスした状態になり、食物の取り込み・咀嚼・嚥下がスムーズに行える姿勢(ベンチ座位、いす座位)です(図1)。

高齢者は筋肉減少から座位の不安定を招きやすいため、床面には足底、座面には両坐骨をきちんとつけて、筋肉の相互作用で下半身を安定させます。下半身が安定することで上半身がリラックスし、両手、口、のどが働きやすくなります。

いす座位のイラスト図
図1 いす座位

>> 続きを読む