お気に入りに登録

【連載】ナースのための消化器ケアに役立つ基礎知識

CVポート・CVカテーテル-造設・挿入と管理のポイント

監修 犬飼道雄

岡山済生会総合病院 内科 医長

執筆 新田泰樹

岡山済生会総合病院 外科 主任医長

Icon

CVポートとは

CVポート(皮下埋め込み型中心静脈アクセスポート)とは、中心静脈カテーテルの一部で、抗がん剤や高カロリー輸液の投与に使用します。

ポートの中心にはセプタムと呼ばれるシリコンゴムが埋め込まれており、ヒューバー針と呼ばれる専用の針を皮膚の上から刺入し、カテーテルを通じて中心静脈内に薬液を注入します(図1)。

CVポート説明図

カテーテルが中心静脈に挿入されているため、血管刺激性の強い薬剤による血管炎、腫脹や疼痛などが起こりにくく、持続的な投与が可能となる点が大きなメリットです。

挿入(造設)法

鎖骨下静脈や内頸静脈、または末梢静脈や大腿静脈からカテーテルを挿入し、先端を上大静脈や下大静脈に留置します(図2)。

カテーテルの刺入部の説明図

鎖骨下静脈から挿入する場合は、ピンチオフ(カテーテルを鎖骨と第一肋骨の間に挟み込みカテーテルを閉塞・損傷すること)に注意が必要です(図3)。

ピンチオフ説明図

直径2~3cmのリザーバータンクにカテーテルを接続し、外科的処置にて皮下に埋没させます。

ポートはカテーテルを挿入した部位の近くに位置しますが、患者さんによって異なるため確認することが大切です(図4)。

カテーテルの挿入部とポート本体の埋め込み位置説明図

CVポートの穿刺と抜去

生食20mLシリンジと接続したヒューバー針内を薬剤で満たし、クランプで止めておきます。2.5~5mLシリンジだと高圧になり、ポートやカテーテルを損傷することがあるため、注意が必要です。

挿入部を消毒し、CVポート周囲を触り中心位置を確認します。ヒューバー針を利き手に持ち、セプタムに対して垂直に刺し、タンクの底まで進めコツっとした感覚があるまで針を挿入します。

挿入状態がよくないと薬剤が漏出することがあります。また、ポートの周囲にはカテーテルがあり、ポートから外れて挿入すると事故につながるため、細心の注意を払います。

挿入後に吸引して血液の逆流を確認し、クランプで止めておきます。穿刺に問題がないか、針の閉塞がないか観察した後、ルートを接続して滴下が良好なことを確認します。

ヒューバー針の下に針が安定するような厚さで滅菌ガーゼをはさみ、翼状部の上から一緒にドレッシング材を貼付します。

抜去する際は、使用中のヒューバー針をヘパリン入り生食で洗浄(フラッシュ)した後に行います。

ヒューバー針が外れてしまわないよう固定しながら、CVポートの上に貼付されているドレッシング材をはがし、垂直に上げて抜針します。止血したことを確認できたら抜去終了です。

CVポートの観察ポイント

薬剤漏出や低栄養状態、皮下感染によって潰瘍が形成されることがあります。ヒューバー針固定部・CVポート周囲の疼痛、腫脹、出血、発赤などの局所性炎症反応にも注意が必要です(図5)。

潰瘍の形成説明図

敗血症などの全身性炎症反応をバイタルサインで観察することも大切です。無菌操作のミスが感染の原因となるため、無菌操作は慎重に、ミスなく行うよう徹底します。

また、CVポートの長期間留置によりカテーテル周囲や内部に血栓が生じ、血栓症を起こすこともあります。

ほかに、CVポートカテーテルが閉塞していないか、カテーテル先端の位置に異常がないか、薬剤の滴下に問題がないか、ヒューバー針固定部は問題がないか、輸液ポンプは正常に動作しているか、輸液セット各部の接続は緩んでいないか、ルートに折れや閉塞、血液の逆流や気泡が混入していないかも確認します(図6)。

輸液セットの確認事項図

カテーテルのタイプと取り扱い

カテーテルのタイプ

カテーテルの先端には主に2つのタイプがあります。1つは、カテーテルの側面に側孔(スリット)が入っているグローションタイプ(図7)です。

グローションタイプの詳細説明図

薬剤注入時や血液吸引時に側孔が開き、薬剤が血管内に流入します。通常、側孔は閉塞しているため、血栓による閉塞が起こりにくいというメリットがあります。

もう1つは、先端が開放されている一般的なタイプのカテーテルで、オープンエンドタイプ(図8)です。

オープンエンドタイプの説明図

オープンエンドタイプは、逆流した血液が閉塞を招く危険性が高いことから、閉塞血液の逆流がみられないか必ず確認します。

フラッシュ&ロック

薬剤注入後、ポートやカテーテル内に薬剤が残ることがあります。残った薬剤が他の薬剤と混ぜ合わさると、ポートやカテーテル内で結晶化し、閉塞する可能性が高くなります。

そのため、20mL以上の生食でポートとカテーテル内をフラッシュしロックします。

血栓が形成されにくいグローションタイプでは、ヘパリンは使用せず生食で行い、オープンエンドタイプでは、逆流した血液による閉塞を防ぐため、ヘパリン加生食でフラッシュおよびロックを行います。