お気に入りに登録

【連載】事例でみる術後リハビリテーション こんなときどうする?

痛みを訴え、術後のリハビリが進まない患者さん

執筆 黒岩澄志

昭和大学藤が丘病院 リハビリテーション室

【事例】
痛みを訴え、術後のリハビリが進まない患者さん

75歳男性。膵頭部がんと診断され膵頭十二指腸切除術施行予定の患者さん。術前ADLは自立、BMI18.5。呼吸機能検査で努力性肺活量86%、1秒率68%。喫煙歴は1日20本×50年。

 術前オリエンテーションとして術後の創部を保護しながら咳や深呼吸を行う方法、疼痛が生じにくい起き上がり方法に関して説明し練習を行った。

 術後翌日、創部痛はNRSで5。離床を行い起き上がる際に創部痛が増強し疼痛はNRSで8となり患者さんからも「もうやめてくれ」「こんなに痛い思いをするなら動きたくない」と言われてしまう。術後2日目もまだ創部痛の訴えが強く離床に対し強い拒否。このような状態が5日続いてしまった。離床が遅れてしまったため、離床を促進するためにミニカンファレンスを行った。ここで挙がった提案事項は以下の3点であった。
 
  >> 続きを読む

ページトップへ