お気に入りに登録

【連載】ストーマケア 皮膚トラブル解決法

「ABCD-Stoma®ケア」ってなに?

執筆 小倉美輪

亀田総合病院、皮膚・排泄ケア認定看護師

Main compression

ストーマ周囲の皮膚のトラブルは、痛み・かゆみといった症状とともに、排泄物の漏れや皮膚トラブルの悪化につながりやすく、早期の対応が望まれます。皮膚トラブルの原因を早く究明し、取り除くことが重要ですが、こういった対処は誰もが簡単に行えるものではなく、臨床経験や直感的な判断かに基づき行われているのが現状ではないでしょうか。

そこでぜひ活用してほしいのが、日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術教育委員が開発した『ABCD-Stoma®に基づくベーシック・スキンケア――ABCD-Stoma®ケア』です。手順に沿ってアセスメントすることで、ストーマケアに従事した経験がある看護師であれば、誰でもトラブルの原因がわかり、適切なケアを提供できます。『ABCD-Stoma®ケア』は、日本創傷・オストミー・失禁管理学会のホームページからダウンロードが可能です。ここでは、ABCD-Stoma®、ABCD-Stoma®ケアそれぞれの使用方法についてみていきましょう。


ABCD-Stoma®とは

ストーマ周囲皮膚障害の重症度を、部位と程度・色調変化の有無によって評価するスケールです。「ABCDStoma®」は、Adjacent(近接部)、Barrier(皮膚保護材部)、Circumscribing(皮膚保護材外部)、Discoloration(色調の変化)の頭文字をとって名付けられたものです。
ストーマ周囲皮膚の区分図

>> 続きを読む
ページトップへ