お気に入りに登録

【連載】現場で使える!英会話1分間レッスン

症状の聴取を英語でするには?[呼吸器科編15]

執筆 佐藤まりこ

米国RN(Registered Nurse)

外国人患者さんに英語で対応できる? アメリカの医療現場で実際に使われている、患者さんにもすんなり伝わる簡単な医療英語をマスターしよう!


患者さんに一番近い存在の看護師は、「今日はどうされましたか?」から始め、症状を聞いて患者さんに起こっている健康問題の把握を行います。外国人の患者さんに対してもコミュニケーションを通して主観的情報を収集し、客観的情報と合わせて全身状態の把握が必要ですね。
そこで今回は、これだけは知っておきたい!症状の聴取に必要なフレーズを診療科に分けて紹介します。
最初の診療科は、呼吸器です。
症状の把握には、OLDCARTを用いて問診を行います。OLDCARTとは、Onset(発症)、Location(症状のある部位)、Duration(症状のある持続時間)、Character(症状の性質))、Aggravating/Alleviating factor(増悪/軽減要因)、Radiation(症状の広がり)、Timing (症状がいつ起こるのか) の頭文字をとった症状のアセスメントツールです。

前回に続き、以下の事例にそって呼吸器症状の把握に必要なフレーズを紹介します。


事例:60歳女性・1週間前から湿性咳嗽と鼻水が出現し、市販薬で様子を見ていたが改善しなかった。2~3日前から労作時の息切れと呼吸困難が出現し、右胸が痛くなりはじめたため来院した。


本日のフレーズ

「酸素の値を測りますね。パルスオキシメーターで指をはさみますね。これでどれくらい酸素が体にあるかわかります。94%です。 少し低いですね」

呼吸器症状のある患者さんには、パルスオキシメーターを使ってサチュレーションを測定し動脈血酸素飽和度を把握します。指をはさむだけで簡単に測定できますが、きちんと声掛けをしましょう。患者さんの中には、見慣れない医療機器に「what is it?」と興味津々で質問してくる方もいるかもしれません。

>>さて、みなさんはどう英語で表現しますか?

ページトップへ