お気に入りに登録

【連載】臨床で使える精神科看護

精神科の疾患と治療を知っておこう(統合失調症・うつ病)

執筆 荻野夏子

東海大学健康科学部看護学科 講師

Main compression

精神科医療での基本疾患の理解を深めよう!

精神科疾患の患者さんは増えている

精神疾患を持つ人は2014年の調査では39万人を超えています。疾患は多い順にうつ病、統合失調症、不安障害となります。入院患者さんにおいては、統合失調症が最も多くを占めています。今回は、代表的な精神疾患である統合失調症とうつ病の理解を深めましょう。精神科の診断では、国際診断分類(ICD-10)やアメリカ精神医学会によるDSM-5などが活用されます。症状や経過、社会的な活動の低下などのさまざまな面から総合的に判断することができます。

精神疾患の患者数グラフ

厚生労働省:精神疾患の患者数.知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルス.(2017年6月4日最終閲覧)
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/data.html

>> 続きを読む
ページトップへ