お気に入りに登録

【連載】ナースのための消化器ケアに役立つ基礎知識

経鼻栄養チューブの挿入の仕方

監修 犬飼道雄

岡山済生会総合病院 内科 医長

執筆 木村しのぶ

岡山済生会総合病院 看護部

Main compression

チューブの違いと選び方

栄養剤の注入は栄養注入用のチューブで行い、ドレナージを目的とした胃管カテーテルによる栄養剤の注入は避けます。

【栄養チューブ】
栄養剤の注入を目的としているため、3.6~12Frと比較的細く、胃壁を損傷しないように先端が丸く閉鎖されています。また、栄養剤や薬剤による閉塞を防ぐため、多くの栄養チューブには側孔がついています。なお、レントゲンで留置位置の確認を行うため、X線不透過のものを選択します。

【胃管カテーテル】
胃内容物のドレナージを目的としているため、10~20Frと太く、先端が開口して側孔も多くあります。

チューブ挿入の手順

手順1

座位またはファーラー位で、鼻腔から心窩部までの大まかな長さを確認します。仰臥位の場合は頭部を少し上げ、膝を軽く曲げて腹部の緊張を取り除きます。その後、患者さんに経鼻栄養カチューブを挿入することやその必要性を説明します。

>> 続きを読む