お気に入りに登録

【連載】訪看ステーション「よつば」の公開カンファレンス

CASE18 禁煙指導を進めてよいものか看護師が迷ったケース

執筆 川上 加奈子(かわかみ かなこ)

株式会社のものも よつば訪問看護リハビリステーション 看護主任

Kawakami02

Main compression

困難事例18 禁煙計画に対して本人が断固拒否


88歳男性のCさん。独居であるが隣に息子夫婦が住んでおり、ときどき様子をみに来る環境で生活している。Cさんは若い頃からヘビースモーカーであり、1日1箱は吸ってきた。72歳のとき、肺がんにより右開胸手術をしたが、その後も呼吸状態は安定していたため、結局喫煙もそのままやめずに現在にまで至っている。
しかしここ数年、加齢とともに痰の絡みが多くなり、時折軽い肺炎を繰り返すようになった。そこで息子の強い希望により禁煙計画を進めることになった。


カンファレンスの目的

Cさんへの禁煙指導が決定しているが、担当看護師は、Cさんの想いが置き去りにされているように感じた。そこで本当にこのまま禁煙計画を進めるべきかと迷いを感じたため、カンファレンスを開くこととなった。


かなのイラスト
かな:いくら調子がよいといっても肺がんの既往があり、最近は痰の絡みも増えてきて、肺炎も起こすようになってきています。これは禁煙を勧めるのがベストだということは、十分すぎるくらいわかってはいるんです。でも、当のCさんは禁煙に対しては断固拒否をされています。

さきのイラスト
さき:肺がんになっても止められなかったタバコですものね。なかなか簡単には難しいでしょうね。

ほのかのイラスト
ほのか:そうですね。禁煙は主治医からの指示なのですか?

>> 続きを読む
ページトップへ