【連載】知っておきたい! 在宅での必要な手技と医療機器・医療材料の取り扱い

血圧計っていろいろとあるけど何が違うの?

監修 Life On Vital Element株式会社

LE在宅・施設 訪問看護リハビリステーション

執筆 小林之維

Life On Vital Element株式会社 LE在宅・施設訪問看護リハビリステーション新宿WEST店 管理者 看護師


▼バイタルサインについて、まとめて読むならコチラ
バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について


在宅での血圧測定の重要性

 高血圧の人が、治療を進める上で日々の血圧を測定・管理することの重要性が明らかになってから、家庭で毎日血圧測定をする人が増えてきています。

 家庭では、朝起きたときや食事の前後、降圧薬を飲む前後など、さまざまな時間帯に血圧を測ることができます。そのため、家庭で測定した血圧の記録は、医師が高血圧に対する治療方針を決めるための重要な参考になります。

 また、家庭で毎日血圧を測定して値を記録すると、高血圧であるという自覚を持ちつつ、降圧薬の効果も確認できるというメリットがあります。しかしながら、家庭で血圧を継続的に測定してもらうことは困難なこともあります。そのためには、


 ・測定しやすいタイプを選択をすること
 ・継続しやすい時間帯に測定してもらうこと

 を実現することが必要です。

 ご活用者様およびご家族様の日頃の生活スタイルやADLなどを把握し、血圧測定の必要性を十分に理解いただくことが大切ですし、自己決断を促すかかわりをすることがとても重要です。

訪問時に血圧異常を見つけたら、どう対応すればよいか

 自宅にあるものは器械の故障の有無が不明なこともあるため、訪問時は、訪問バッグ一式の中にあるアネロイド式血圧計を使用しています。また、毎回血圧測定を行っていますが、その際血圧が高い場合、深呼吸や時間をおいて、再検をしています。

 特に重要なことは、数字だけで判断せず、頭痛や嘔気、めまいなどの昇圧症状の有無も確認することです。症状をもとに、緊急度合いを判断することが多いです。もし、症状が出現している場合は、すぐに主治医に確認するか、繋がらない場合は次の時間帯の降圧剤を早めに内服してもらい、薬効を考えて再検をしてもらっています。

 また、病院内での一定した室温と違い、在宅では夏になると血圧が低めで、冬になると血圧が高めになる方が多いです。解剖生理学をもとに気候による今後の変動を予測したりもします。

 在宅での場合、血圧が高かったり、低かったりした場合、まずはその要因を生活内で考えられることを検討します。そして、生活の中で解決できることであれば、まずは看護師として、ご活用者様やご家族様に提案をさせてもらい、内服薬以外での解決方法を打診していきます。また、手首式などの血圧計を選択した場合は、訪問看護師が持参しているアネロイド血圧計との誤差を把握したりなど、訪問看護では変化に合わせ対応できる看護師の柔軟な発想力が大切になります。

血圧計はどう選ぶ?

 家庭で測定する場合、血圧計を用意する必要がありますが、いざ血圧計を購入するとなると、血圧計にはたくさんの種類があり、また、使い方や価格などはさまざまで、どれを買うべきなのか迷ってしまいます。

 家庭で使う血圧計と病院で使われる血圧計は、見た目も使い方も異なります。

 血圧計は、「自動電子血圧計」「水銀血圧計」「アネロイド血圧計」の3種類に大きく分けられます。家庭での血圧測定に使われるのは、主に「自動電子血圧計」です。一方、病院や診療所などで医療スタッフが血圧を測定する際は、「水銀血圧計」「アネロイド血圧計」が使われます。

 家庭で血圧測定を行う場合、たいていの人にとって、水銀血圧計やアネロイド血圧計を使うのは困難です。これらの血圧計を使うには、ある程度の医療専門知識が必要だからです。自動電子血圧計は、腕や手首などに袋状のベルト(カフ)を巻けば、あとはボタンを押すだけで血圧を自動的に測定してくれます。また、血圧だけでなく脈拍も同時に測定していくれます。

 しかし、家庭用血圧計は、製品によっては正確性が明らかにされていないものもあります。

 最近では、水銀血圧計は、2020年以降に水銀を使った機器の製造と輸出入が原則として禁止されること、現時点で、廃棄・交換は推奨されていませんが「水銀」による環境への影響や、アネロイド血圧計による血圧測定の正確性の問題から、医療現場でも、正確性が確認されたものであれば自動電子血圧計が使用されるようになってきています。

 自動電子血圧計は、測定する部位の違いによって「上腕式」「手首式」「指式」の3種類があります。日本高血圧学会は、家庭用の血圧計として、指式血圧計は不正確としています。また、手首式血圧計も血管の圧迫が困難であることなどの理由で不正確になることが多く、上腕式血圧計の使用を推奨しています。

 健康寿命を延ばすために、弊社スタッフ一丸となって、知識を得るだけでなく、視野を広げたり、柔軟性を高めたり、コミュニケーション力を上げるために、日々自己研鑽しております。


Life On Vital Element株式会社について詳しく知りたい方はこちら

ページトップへ