お気に入りに登録

【連載】手術室看護の基本を知ろう!

手術体位の目的、体位調整と注意点とは?

執筆 佐藤大介

東北医科薬科大学病院 手術部 手術看護認定看護師

 手術をする際にはそれぞれの術式に合わせた体位を取る必要があります。手術室の看護師は外科医師、麻酔科医師と協力しながら体位を作っていきます。体位を取る上で、重要なポイントについてお話していきます。


手術時の体位の目的

不適切な手術体位は、患者さんの体重や外部からの圧迫による末梢神経障害、発赤や褥瘡などの皮膚トラブル、呼吸・循環障害などの様々な合併症の原因となり、その持続時間が長いほど発生頻度や障害の程度が大きくなります。
患者さんには安全・安楽を保障され最高の看護を受ける権利があり、医療者はそれを保障する責任があります。

体位固定の条件として

①循環障害や換気障害を起こさない
②過度の圧迫や伸展、牽引による神経系の障害を残さない
③圧迫による発赤・褥瘡、金属への接触による火傷などの皮膚障害を起こさない
④術者にとって良好な術野を確保し、麻酔科医・看護師が患者を管理しやすい

があります。

>> 続きを読む
ページトップへ