お気に入りに登録

【連載】腹腔ドレーン管理のこんなことが知りたい! Q&A

腹腔ドレーンの刺入部の発赤への対応

執筆 小野田里織

筑波メディカルセンター病院 看護係長 皮膚・排泄ケア認定看護師

Q.刺入部の皮膚に発赤が。この後どう対処すればよい?

A.発赤で考えられるのは感染、滲出液による皮膚障害などがあります。ドレーン刺入部周囲の皮膚は清潔を保持することが原則です。

感染か滲出液による皮膚障害かを見極める

ドレーン刺入部に発赤がある場合、基本的には感染を疑います。刺入部皮膚の感染、膵液瘻、腹腔から排液された膿などによる二次感染が考えられます。刺入部皮膚が感染していると創部へも影響を及ぼし、全身への影響も大きくなるため、医師とドレーン管理について情報共有し、感染の悪化に努めることが大切です。
>> 続きを読む

ページトップへ