お気に入りに登録

【連載】知っておきたい! 在宅での必要な手技と医療機器・医療材料の取り扱い

服薬状況を見える化できる服薬カレンダーと服薬ボックス

監修 Life On Vital Element株式会社

LE在宅・施設 訪問看護リハビリステーション

S top 4color  1  min

執筆 砂子 奈未

Life On Vital Element株式会社 在宅・施設訪問看護リハビリステーション 自由が丘本店 管理者

Sunako

S top 4color  1  min

現在日本は諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進んでいます。団塊の世代が75歳以上となる2025年以降は、さらに国民の医療や介護の需要は高まると見込まれています。また、認知症高齢者も増加が見込まれる中、在宅医療の推進が重点項目として位置づけられています。国は地域包括ケアシステムの構築を進める中、訪問看護師の位置づけはとても重要であり、地域医療への一層の貢献を進めていかなければなりません。

在宅生活を送っている高齢者にとって大きな問題の一つが「服薬管理」です。
「あれ? この薬いつ飲んだかな?」「どの薬を飲んだらいいのかわからない……」など、支援がないと大事な薬の重複・飲み忘れ・飲み間違いが日常茶飯事になっている方も少なくありません。実際に訪問看護サービスを提供しているなかで、服薬管理は介入項目の上位に位置している大切な項目となっており、訪問看護がかかわるべき優先課題として挙げられます。
今回は在宅現場で実際にどのような服薬管理と支援をしているのか、在宅での服薬管理の強い味方、服薬カレンダーと服薬ボックスについて紹介します。

服薬カレンダーの写真

>> 続きを読む