お気に入りに登録

除細動の手順を知っておこう!

監修 讃井將満

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部 部長

解説 川岸利臣

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

解説 堀 陽一

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

解説 佐原 翠

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

解説 梶原絢子

自治医科大学附属さいたま医療センター 看護部 急性・重症患者看護専門看護師

S main  65  min

除細動は、急変(致死性不整脈)が起きた際に必須となります。今回は除細動器で専用パッドを使用し、患者さんはVFを起こしているというケースで解説します。


除細動実際に行っている写真
●VFに対して、胸骨圧迫+用手換気を行っている状態を前提とします
●AEDモードでの除細動は看護師が行なうことも可能です
●1歳以上〜6歳未満の小児患者には、小児用パッドを使用します
●看護師は、一連の流れの記録や、手が足りない場合は胸骨圧迫を行います

>> 続きを読む
ページトップへ