お気に入りに登録

【写真でわかる】気管挿管の準備と介助(患者さんの準備)

監修 讃井將満

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部 部長

解説 川岸利臣

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

解説 堀 陽一

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

解説 佐原 翠

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

解説 梶原絢子

自治医科大学附属さいたま医療センター 看護部 急性・重症患者看護専門看護師

Main compression

気管挿管が必要になった場合の患者さんの、体位を整えるまでの手順を説明します。


※気管挿管に使用する物品は清潔操作で扱います
※処置時は手指消毒を行い、エプロン、マスク、ゴーグル(必要時)を装着します
※SpO2モ二ター、心電図モニターは装着している状態とします

必要物品

気管内チューブ(サイズは医師の指示による)、バックバルブマスク、スタイレット、喉頭鏡、ブレード(3号または4号)、赤色カラーシリンジ、カフ圧計、挿管用枕(円座であると安定しやすい)、固定用テープ

1、必要物品が揃っているかを確認します

気管挿管を行うには、さまざまな準備が必要になります。注意点や、スムーズに介助が行えるようになるためのポイントを説明します。

>> 続きを読む
ページトップへ