お気に入りに登録

【写真でわかる】気管挿管の準備と介助(患者さんの準備)

監修 讃井將満

自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部 部長

解説 川岸利臣

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

解説 堀 陽一

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

解説 佐原 翠

自治医科大学附属さいたま医療センター 集中治療部 医師

解説 梶原絢子

自治医科大学附属さいたま医療センター 看護部 急性・重症患者看護専門看護師

Dekiru b

気管挿管が必要になった場合の患者さんの、体位を整えるまでの手順を説明します。


※気管挿管に使用する物品は清潔操作で扱います
※処置時は手指消毒を行い、エプロン、マスク、ゴーグル(必要時)を装着します
※SpO2モ二ター、心電図モニターは装着している状態とします

必要物品

気管内チューブ(サイズは医師の指示による)、バックバルブマスク、スタイレット、喉頭鏡、ブレード(3号または4号)、赤色カラーシリンジ、カフ圧計、挿管用枕(円座であると安定しやすい)、固定用テープ

1、必要物品が揃っているかを確認します

気管挿管を行うには、さまざまな準備が必要になります。注意点や、スムーズに介助が行えるようになるためのポイントを説明します。

ポイント!
●人工呼吸器が必要となることが多いので、準備と平行してMEさんへ連絡し事前に用意しておきます。
●バックバルブマスクが使えるよう、接続と酸素が供給できる状態にしますが、その際は穴が開いていないかなど、不備がないかを確認しておきます。
●すぐに吸引(口腔内、気管内)が行えるよう、吸引器とチューブを準備します。
●喉頭鏡のライトが点灯するかどうか確認します。
●患者さんによってブレードのサイズが違うことがあるので、医師に指示を受け適切なサイズのブレードを合わせます。
●医師に気管内チューブのサイズを確認し、指示通りのものを用意します。
●す気管内チューブ内腔にキシロカインスプレーを噴霧し、スタイレットを先端から2cm辺りまで挿入し、先端がカーブを描くように湾曲させます。
●気管内チューブを挿入しやすくするため、気管内チューブの先端にキシロカインゼリー等の潤滑剤を塗布します。
●カフの破損がないか調べますが、その際は赤色のシリンジを使用し、薬剤などとの取り違いを防ぎます。
●ラインがない場合は新たに確保(できれば20G)し、漏れがないかを確認します

2、医師が挿管管理について患者さん(または家族)に同意を得ます

3、医師が頭側に入れるようにベッドの位置を移動し、患者さんの体位を調節します

ポイント!
●気管内チューブを入れやすい角度にするため、ベッドの頭側が上がっている場合は水平に戻します。

●円座を使用し、スニッフィングポジション(耳介と胸骨が一直線となる体勢)とします。

●挿管後、胸部の動きを確認するために患者さんの病衣をはだけさせ、胸部が確認できる状態にします。

●医師の邪魔になり、足にひっかかるなどして危険なため、頭側の柵を外した後は邪魔にならない場所に置きます。

4、医師の指示により、鎮静剤を投与します(必要時)

5、患者さんの頭部後屈させ、バックバルブマスクで換気を行いSpO2が100%になるまで上昇させます



気管挿管の介助についてはこちらから
【動画】経口挿管の介助について知っておこう