お気に入りに登録

【連載】テーマごとにまとまった記事が読める! まとめ記事

看護師のコミュニケーションとマナー(挨拶・身だしなみ)

編集 ナースプレス編集部

Webサイト「ナースプレス」編集部

Np logo

Communication

お互いの気持ちを伝え合うことをコミュニケーションといいます。スムーズなコミュニケーションのためには、言葉だけでなく、表情や動作にも気を配らなくてはなりません。


【目次】


コミュニケーション

<対先輩・同僚>

円滑なコミュニケーションは、仕事を進める上で欠かせません。ここでは、知っておくと困ったときに役に立つ先輩・同僚とのコミュニケーションに関する記事を紹介します。

【関連記事】
入職前に知っておきたい心得6か条
コミュニケーションを良好に進めるための3つの手法

●申し送り

申し送りは、医療行為に直結するものであり、患者さんの状態を簡潔に、なおかつ正確に相手に伝えなければなりません。短い時間の中で、意見交換をすることもあり、質問があれば投げかけます。萎縮していても、一方的になってもいけません。普段から円滑なコミュニケーションが取れていると、申し送り時もスムーズな意思疎通が図れます。

【関連記事】
もう緊張しない!申し送りの4つのポイント
【看護師のマナー】第28回 5W1Hを押さえて簡潔な報告を
【看護師のマナー】第39回 カンファレンスは大事な意見交換の場です

●休暇・早退・遅刻

無断欠勤は社会人として失格です。仕事を休まなければならない状況となった場合、できるだけ早めに上司に連絡を入れ、了解を得ます。長期休暇や早退をするときは、引き継ぎなどをしっかり行い仕事に支障が出ないようにします。

「遅刻」はたとえ1分でも、医療の現場では、自分が思っている以上に評判を下げることになります。10分前行動心がけると、仕事にも余裕が生まれます。

「休暇」を取るときは、それぞれの職場ルールに則り、事前に所定の手続きをとります。あらかじめ日程がわかっている場合は、早めに上司に相談することも大切です。心配りとして、休暇明けには旅行先で購入したお土産を持参しましょう。

【関連記事】
【看護師のマナー】第13回 休暇を取るときは周囲に気配りを

●失敗を責められたとき

注意や叱責は、期待されているからこそであり、ミスをしたのが自分であれば、素直に認めなければいけません。いさぎよく謝り、これを反省材料にして、二度と同じ失敗を繰り返さないよう、今後の仕事に生かします。
謝るときのポイントは、いさぎよく謝ることと、後でその件を持ち出して陰口を言わないことです。

【関連記事】
【看護師のマナー】第8回 叱られることは、成長のステップと考えて
【看護師のマナー】第7回 教えるとき、教わるときの姿勢

●うわさ話

うわさ話はだれが言ったのか、真実なのか憶測なのかもわからない、不確かな話です。人は自分が発信源でないかぎり、ついつい無責任になって平気でほかの人にしゃべったり、話を大きくしてしまいがちですが、自分に関係のない話なら聞き流します。うわさ話は話す人の評価を下げるものです。

【関連記事】
【看護師のマナー】第10回 気配り上手は「デキるナース」の第一歩

<対医師・他職種>

仕事をしていくうえで、医師だけではなく、他職種とのコミュニケーションは必要不可欠です。そのため、コミュニケーション不足が原因で、ミスや時間のロスを生んでしまうこともあります。苦手だと思う人がいても、まずは仕事優先で、積極的にコミュニケーションを取るなどプロとして行動しなければなりません。

【関連記事】
【看護師のマナー】第26回 職場でのコミュニケーションの取り方
【看護師のマナー】第42回 病院内で働く他職種との連携が大切です
【看護師のマナー】第30回 チームワークの大切さ-心得ておきたい職場での姿勢-
医師を動かす5つのキメワザ
【看護倫理・事例】第3回 医師にひどい言葉をぶつけられたケース
相手に感謝する技術~奏の杜耳鼻咽喉科クリニックのケース~

<家族・患者さんとのコミュニケーション>

医療用語や略語を使うのは避け、患者さんに分かりやすいきれいな日本語を使います。また、高齢の患者さんと接する際は、相手を敬う姿勢を忘れないようにします。

家族や面会者は、患者さんがどんな様子なのかを心配しているので、患者さんの最近の様子、特に良いことを伝えると良いです。患者さんと関係の深い「キーパーソン」と、できるだけコミュニケーションをとると、患者さんの習慣やくせなど、必要な情報を得ることもできます。

【患者さん・ご家族とのコミュニケーションを学ぶ記事】
【看護師のマナー】第32回 患者さん・ご家族とのコミュニケーションを築く
第4回 【ナースの接遇】相手に合わせた説明
対応が難しいケースの家族支援のコツ
急変時の家族対応、7つのポイント
「SHARE」とは?がん患者さんとのコミュニケーショントレーニングツール
「あなただけに話す」と言われたらどうする?
患者さんとの世間話の切り上げ方
【看護師のマナー】第38回 アナムネーゼでは患者さんとの信頼関係を築きましょう
予後についてどう知らせる?

【苦情・クレームへの対応を学ぶ記事】
第5回 【ナースの接遇】クレーム対応の考え方
第6回 【ナースの接遇】クレーム対応の活かし方
モンスターペイシェントへの7つの対応方法
外来での待ち時間への苦情

【看護倫理に関する記事】
【看護倫理・事例】第9回<問題編>家族が患者本人に告知を希望しないケース
【看護倫理・事例】第10回<解決編>家族が患者本人に告知を希望しないケース

【高齢患者さんとのコミュニケーションに関する記事】
【高齢患者とのコミュニケーション】ケア&対応の6つのワザ
高齢患者さんと接する上で、大事なことは何ですか?

【こんな時どうする?状況別の患者さん対応を学ぶ記事】
【看護師のマナー】第34回 ちょっと困った(わがままな)患者さんと接するときは?
不安で混乱してしまっている患者さんへの対応
安静度に納得していない患者さんへの対応
強い不信感を持っている患者さんへの対応
【傾聴の技術】話が長い患者さんの場合
精神疾患でコミュニケーション不良の患者さんにどう対応する?

マナー

社会人として、看護師として知っておきたいマナーについて紹介します。

【関連記事】
第1回 看護師が身につけたい医療の場での接遇とは?
【看護師のマナー】第25回 素敵なナースをめざして -新人ナースの社会人マナー-
【看護師のマナー】第14回 自覚や責任をもって大人としての社会生活を送りましょう

●挨拶

挨拶には、相手の存在を認める、心の距離を縮めるなどといった効果あり、人間関係を築くうえで欠かせません。さらに、笑顔をプラスすることでより印象が良くなります。相手の表情は、自分自身の鏡でもあるといわれるように、自分が怖い顔をしていれば、相手の表情もこわばり、逆に自分が微笑んでいれば、相手も笑顔になります。
【関連記事】
【看護師のマナー】第1回 挨拶・笑顔から、よりよい人間関係が生まれます
第2回 【ナースの接遇】伝わる「挨拶」と「お見送り」

●身だしなみ

女性は鏡を見ると、どうしても顔や髪だけに目が向きがちですが、他人がよく見ているのは、全身や後ろ姿です。特に、普段から自分はあまり意識していない部分に、注意しなければいけません。

チェックポイント
スソの部分が汚れていないか?
ヘアスタイルは、奇抜なものでないか?
(髪が肩にかかる場合は)髪の毛をまとめているか?
前髪は目にかかっていないか?
爪は短く切られており、マニキュアは塗っていないか?
靴は動きやすくて足音が小さいものか?
ストッキングは、たるみや伝線がないか?
靴下は白色、または派手なものではないか?
襟はきちんとしているか?
名札、ボタンはきちんと付いているか?
濃いメークになっていないか?
香水はつけていないか?

【関連記事】
【看護師のマナー】第15回 身だしなみーユニフォーム、髪型、メイクのポイント
第10回 みね子、SAKURAの身だしなみにダメだしするの巻

●お辞儀

勘違いされていることが多いですが、お辞儀は、頭でなく、胸でするものです。また、TPOによってふさわしい深さの目安があります
1.会釈(朝夕の挨拶など):背筋を伸ばしたまま、軽く胸を倒す感じで、上体を15度に傾ける。
2.敬礼(来客の出迎えなど):上体を30度まで傾け、ゆっくりと丁重に行う。
3.最敬礼(大事なお願い、おわび):恐縮している場面なので、45度くらいまで深々と。

【関連記事】
【看護師のマナー】第2回 お辞儀は3種類、場面に応じた使い分けを

●言葉遣い

敬語には、「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」の3種類があり、それぞれ使う対象と場面が違います。

1.尊敬語:目上の人と動作に対して使用
2.丁寧語:普通に丁寧に話すときに使用
3.謙譲語:自分や身内に対して使用

接する相手によって使い分けなくてはなりません。間違えやすいものとして、「ご苦労さま」とついつい言ってしまいがちですが、この言葉は自分より年齢の若い人に対して使う言葉なので、年上の人に対して使うのは失礼にあたります。

また、丁寧に話そうとして、「いらっしゃる」や「ご覧になる」といった敬語に、さらに尊敬語の助動詞「れる」などをつけてしまう二重敬語も間違いです。敬語を使いすぎるとまどろっこしい表現にもなり、かえって要点がみえなくなります。文章の言葉の最初と最後につけるくらいにして、簡潔にわかりやすく、を心がけます。

そのほかに、敬語には身内に敬称を付けないというルールがあります。身内(組織内の人間)ついて外部の人に話す際は、尊敬語は使わず、謙譲語(自分や身内がへりくだる言い方)を用いる必要があります。相手によっては違和感・不快感を引き起こしてしまうことがあるからです。また、患者さんやご家族の前では、職員同士であっても、上下関係にかかわらず敬語で話しましょう。

【関連記事】
【看護師のマナー】第5回 職場での敬語の使い方
【看護師のマナー】第3回 日頃から意識して正しい言葉遣いを
第3回 【ナースの接遇】言葉遣い
よそよそしい敬語の悩み

●電話応対

電話は、表情やジェスチャーでフォローすることができないので、言いまわしや声のトーンに注意します。職場で電話の応対をするときは、個人としてではなく病院全体として相手に向かいあうため、「相手の名前」、「用件」をまず確認します。相手が名指ししている人が電話に出られない場合も、同様にその旨を伝え、相手の名前、用件を聞き、必ずメモで残しておきます。メモは5W1Hを意識しながら日付、時間を明記し、短く、的確に行います。伝言を受けた際は、最後に自分の名前を名乗ると、メッセージが伝わったという安心感を相手に与えることができます。電話をかけるときは、まず自分から名を名乗り、基本的には電話を受けるときの流れをそのまま裏返しにするだけです。職場の電話で丁寧語を使うのは、病院以外の外部の相手に対してだけで、同じ職場の人間のことには、丁寧語は使いません。

【関連記事】
【看護師のマナー】第4回 相手が見えない電話でも