お気に入りに登録

【連載】訪看ステーション「よつば」の公開カンファレンス

CASE19 退院後、ストマから便漏れを生じるようになったケース

執筆 川上 加奈子(かわかみ かなこ)

株式会社のものも よつば訪問看護リハビリステーション 看護主任

Kawakami02

Main compression

困難事例19 ストマを造設して退院したが退院後に漏れが多発し・・・


75歳、男性のAさんは、直腸小腸がんにより人工肛門を造設した。
入院中は、平面型のパウチにより、2日間ごとの交換で状態が安定していたが、実際に退院してしばらくすると、便の漏れを繰り返す状況となった。
そこで、よつばでカンファレンスを開き、何が原因で漏れが起きているのか、適切なパウチの選定ができているのかを話し合うこととなった。


カンファレンスの目的

入院中から退院時までは安定していたAさんのストマについて、現在、便漏れが生じている原因をつきとめ、今後のケアの方針を考える目的で、カンファレンスが開かれた。


りんのイラスト
りん:病院では平面のパウチで、中2日もっていたのに、退院後に急に漏れてしまうようになった原因はなんだと思いますか?

ほのかのイラスト
ほのか:食事内容の変化でしょうか・・・? 退院すると結構入院中に我慢していたぶん、いろいろなものを食べて便が緩くなる方も多いですから。

さきのイラスト
さき:実際のところ、Aさんはどうでしたか?

>> 続きを読む
ページトップへ