お気に入りに登録

【連載】学会・セミナーレポート

第62回 日本透析医学会学術集会・総会 ランチョンセミナー52 急性血液浄化療法におけるバスキュラーアクセスカテーテルの役割【PR】

解説 根木茂雄

和歌山県立医科大学 腎臓内科 准教授

%e6%a0%b9%e6%9c%a8%e5%85%88%e7%94%9f

解説 宗万孝次

旭川医科大学病院 診療技術部 臨床工学技術部門 主任

%e5%ae%97%e4%b8%87%e5%85%88%e7%94%9f

解説 巽 博臣

札幌医科大学医学部 集中治療医学 講師

%e5%b7%bd%e5%85%88%e7%94%9f

協力 株式会社メディコン

株式会社メディコン

%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f

共催:第62回日本透析医学会学術集会・総会/株式会社メディコン


2017年6月16~18日、第62回日本透析医学会学術集会・総会がパシフィコ横浜で開催されました。18日に行われたランチョンセミナー「急性血液浄化療法におけるバスキュラーアクセスカテーテルの役割」では、2名のスペシャリストから近年注目されている急性血液浄化療法の安全な実施について自験例を交えた講演がありました。


急性腎障害(Acute Kidney Injury:以下、AKI)は近年注目されている疾患です。司会の根木茂雄先生によると、2016年に日本腎臓学会、日本集中治療医学会、日本透析医学会を含む5学会による「AKI(急性腎障害)診療ガイドライン2016」が発刊され、さらに今年5月に行われた第60回日本腎臓学会学術総会においても、シンポジウムのテーマに取り上げられています。

AKIに対する治療としての急性血液浄化療法には、血液浄化量や開始時期など解決しなければならない問題がたくさんあります。それらの問題ともかかわるバスキュラーアクセスは血液浄化療法の経路として、トラブルなく機能させなければなりません。

急性血液浄化におけるカテーテルの重要性について

旭川医科大学病院の宗万孝次先生は、急性血液浄化におけるバスキュラーアクセスに求められるカテーテル性能、カテーテルの違いによるカテーテルトラブルの頻度の違いを紹介しました。

バスキュラーアクセスに求められるカテーテル性能について

血液浄化を安全で効率よく行うためのバスキュラーアクセスの条件としては、「100~300mL/分程度の血流量が得られる」「血液浄化回路との連結・離脱が簡単で、頻回の使用に耐える」「閉塞・感染・動脈瘤形成などの合併症を起こしにくい」などが挙げられます(図1)。このうち、血流量の確保はシャントにとってもカテーテルにとっても非常に重要なポイントです。急性腎不全で血液浄化が必要な場合や、慢性腎不全の透析導入時、シャントトラブルがあった場合などには、一般的にバスキュラーアクセスカテーテルが用いられるため、安定した血流量を確保できるカテーテル選択が求められます。