お気に入りに登録

【連載】臨床で使える精神科看護

[こだわりが強い]精神科患者さんにみられる症状を学ぼう❷

執筆 吉川隆博

東海大学健康科学部看護学科 准教授

Seisinkango min

「こだわり」のとらえかた

 精神疾患をもつ患者さんの中で、「こだわり」が強い人については、どのように理解をすればよいのでしょうか?
「こだわり」が強い患者さんの場合には、そのような言動をとる背景に何らかの理由があります。その理由として多いのは「不安を回避するため」というもので、それぞれの患者さんの疾患特性が関与している場合が少なくありません。

 したがって疾患特性を理解することが、患者さんへの適切な対応のヒントにつながることがあります。ここでは、疾患ごとに、強いこだわりをもつ要因や背景も含めてみていきましょう。

統合失調症をもつ患者さんの場合

 統合失調症をもつ患者さんで、特に病歴が長い人には、行動面に「こだわり」がみられることがあります。

新しいことや変化に順応できない「こだわり」

 「こだわり」の理由の1つに、認知障害があります。認知障害によって、状況に応じ臨機応変な行動をとることが苦手になっているのです。そのため、新しいことや変化に慣れるまでに長期間を要したり、ときには混乱を来したりする場合があります。患者さんは普段のやり方や手順を貫こうとするため、その姿が「こだわり」や頑固な一面として目に映ることになります。

 また、診察時間の1~2時間前から玄関前や受付に並んで(人によっては、しゃがんで)いる人をよくみかけます。こういった行動にも、適当な頃合いをみて行動するという、その時々の状況判断が苦手な部分が現れています。
このような姿をみると、一般の人たちは、融通が利かないと思いがちです。しかし本当は、患者さんは苦手な状況に直面し、不安な気持ちになっています。私たちはそれを理解することが必要です。何度も同じような質問をするといった状況も、患者さんの不安の現れなので、安心できるような説明が必要になります。そして、患者さんが理解できるまで繰り返し説明するようにしましょう。

>> 続きを読む
ページトップへ