お気に入りに登録

【連載】やってみよう! フットケア

第3回 フットケアの実践<足浴>

執筆 山口晴美

NANA NURSING THERAPY代表・看護師

Main compression

今回からフットケアの実践を一緒に考えていきたいと思います。

【前回までの記事】
* 第1回 自分の足、見てますか? フットケアで思い浮べることって?
* 第2回 足の観察と評価の仕方を知っておこう!

まずは看護の基本であり、足の観察をするのに必要なテクニックでもある足浴についてです。

 足浴はご存じの通り、入浴することができない患者さんに行う看護ケアの一つです。
昔から世界でも健康のために、また治療として足を洗ったり、マッサージをしたりしていたようですが、日本では履物を脱いで座敷に上がる生活様式であり、足を洗ってきれいにする習慣が根付いています。
足を洗うとさっぱりするという感覚は共通していると思います。
足浴は医療、看護の現場から一般に伝わったともいわれ先輩方の素敵な歴史だといえます。

 現在では、足浴もいろいろな方法があり、選択肢が増えました。フットケアをするときに行う「足浴」を紹介したいと思います。

1、足浴とは?

 「足浴」は一般的に「足湯」として知られており、足湯をしているところを見るだけで「温かそう」とか「気持ちようさそう」と感じます。
 
  >> 続きを読む