お気に入りに登録

【連載】よくわかる! 気管切開の大事なところ!

気管切開患者さんの吸引の手順

執筆 南雲秀子(なぐもひでこ)

大和青洲病院 看護師長/米国呼吸療法士(RRT) / 保健医療学修士(MHSc) 日本呼吸ケアネットワーク 理事

Nagumo hideko min

Main compression

吸引前の準備

STEP1 バイタルサインを確認

パルスオキシメーターを装着してSpO2と脈拍を確認します。特に、陽圧人工呼吸を受けていて、かつ酸素も使っている患者さんは、吸引によるSpO2低下の可能性が高くなります。そのため、パルスオキシメーターは吸引が終わるまで装着します。SpO2が低い場合は、あらかじめ患者さんに酸素吸入を行います。

STEP2 吸引カテーテルを選択

適切な吸引カテーテル(気管切開チューブの“内径”の1/2未満の太さ)を選択します(表3)。

気管切開チューブの太さと適切な吸引カテーテルの太さの表

>> 続きを読む
ページトップへ