お気に入りに登録

超高齢社会と心不全

編集 ナースプレス編集部

Webサイト「ナースプレス」編集部

2017年11月2日にニプロ株式会社によるメディアセミナーが開催されました。高齢化の進展とともに増え続けている心不全。今回は、富山大学病院の絹川弘一郎先生が、心不全の症状や原因、治療法などについて解説した模様をレポートします。


さまざまな心臓病が心不全の原因となる

日本循環器学会、日本心不全学会によると、心不全の定義は「心不全とは、心臓が悪いために息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です」とされています。つまり、心不全とは、心臓がポンプ機能を果たせず身体に症状が現れた状態で、病名ではなく、病態のことです。

先天性心疾患、不整脈、高血圧、虚血性心疾患、弁膜症、心筋症などさまざまな心臓病が心不全の原因となりますが、それらは生活習慣病と関連が高いものが多く、高血圧や糖尿病など何らかの生活習慣病は心不全のリスク因子となります1)。そのため、日々の意識の積み重ねが心不全予防には大切なのです。

心不全の症状は血液うっ滞によるものと、血流低下によるものがありますが、主な症状はむくみ(体重増加)・食欲減退・倦怠感・尿量減少・手足の冷え・呼吸苦など、心不全に特異的でないものが多くあります。そのため、診断が遅れてしまうこともあり、現在も多くの隠れ心不全がいると考えられています。

血中BNPの有用性

心電図、胸部X線、血液(BNPなど)・尿検査、心エコーを行い、心不全と診断します。さらに検査が必要な場合は、CT・MRIや、運動負荷検査、心臓カテーテル検査を行うことになります。

中でも血中BNP濃度測定は、採血をするだけで心不全かどうかがほぼわかります。BNPとは、心臓の壁から出てくるホルモンのことで、心不全の程度によって値が変動します。

心不全はどのような経過をたどるのか

心不全は大きく急性心不全、慢性心不全、慢性心不全の急性増悪に分けられます。心不全は一度発症すると100%正常に戻ることはなく、徐々に進行します。心臓の細胞は不可逆的であり、一度ダメージを受けると回復することはありません。その上、心機能が低下すると、生体が反応しホルモンを放出して、心拍数や血圧を上げようと弱った心臓に負荷をかけてしまいます。このような悪循環に陥ることで、徐々に悪化するという経過をたどります。

また、心不全の治療を受けている人の3人に1人は症状の悪化で再入院します。原因はさまざまですが、最も多いのが塩分・水分制限の不徹底です。医師の指示をきちんと守れるかどうかが予後を変えると言っても過言ではありません。

さまざまな心不全治療

●薬物療法

ホルモンの放出を抑えることにより心臓を保護します。また、塩分や水分を尿として排出し、うっ血症状を改善します。適切な薬物を使用することで、内科治療のみでも著明な改善がみられることもあります。

>> 続きを読む
ページトップへ