お気に入りに登録

【連載】臨床で使える精神科看護

[錯乱・興奮]精神科患者さんにみられる症状を学ぼう❹

解説 北村周美

東海大学健康科学部看護学科 助教

Seisinkango min

錯乱状態とは

 錯乱状態は、意識混濁、精神運動興奮、幻覚、その他に伴う複雑な意識障害の総称で、せん妄状態やもうろう状態も含まれます。

 急性一過性精神病、急性器質性精神症候群、てんかん、ヒステリー、躁病などにみられます。

具体的な特徴例 

*行動にまとまりがない
 集中力や注意力が低下し、一連の行動を終えるまでに、時間がかかったり、寄り道をしたりします。例えば、入浴準備の場面では、準備自体に時間がかかったり、準備には取りかかるものの、衣類や洗面器など一部の用意ができなかったり、ほかのことに気をとられたりします。

 その他の例としては、自室やベット周辺に物が散乱していたり、多動で絶えず動き回っている様子がみられることがあります。さらに、急な大声、ジャンプなど突発的な行動などが現れることもあります。

*会話が困難
 思考にまとまりを欠くため、「脈絡のない言葉の羅列」「しゃべり続ける」などの状態がみられます。一方で、無言になったり極端に口数が減ったりなど、意思の疎通性が悪くなることもあります。

*感情の起伏が激しい
 イライラして怒りっぽいかと思えば、急に泣き出すなど、感情の起伏や変化が激しく、些細な刺激に過剰に反応しやすくなります。

>> 続きを読む