お気に入りに登録

【連載】フィジカルアセスメント症状別編

血尿(尿の異常)のアセスメント

解説 山内豊明

名古屋大学大学院医学系研究科 教授 医学博士/看護学博士/医師/看護師/保健師/米国・登録看護師、診療看護師

Ico physical b1

【目次】

※「Action1 血尿のメカニズムを理解する」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


STEP1 まずは、これを考えよう

血尿には肉眼的血尿と顕微鏡的血尿がある

 血尿とは、透明で濁りのないはずの尿に、血液が混ざって混濁している状態です。血液が尿に混ざることがどういう異常を示しているのかを考える前に、そもそも正常な尿とはどういうものなのか、再確認しておきましょう。

 健康な人の尿は淡い黄褐色で、濁りがなく透明です。その生成から排泄までは次のようなプロセスを経ています。

 まず、腎臓に流れ込んだ血液は、糸球体で濾過され、ボーマン嚢に流れ込みます。これが原尿で、1日あたりおよそ160ℓにも及ぶといわれています。原尿にはブドウ糖やアミノ酸、電解質など有用成分も多く含まれています。そのため原尿が尿細管を通過する間に水分や有用成分の再吸収が行われ、実際に尿として排泄されるのは原尿の1%程度となります。

 こうして生成された尿は尿管を通って一時的に膀胱に溜められ、一定量に達すると尿意を催し、尿道を通って体の外に排出されます。

 尿に血が混ざって出てくるのは、この尿の排出ルートのうちのどこかに異常があるからだと考えられます。このように患者さん自身が自分の眼で見て確認できる血尿を「肉眼的血尿」といいます。血尿には、もう一つ「顕微鏡的血尿」というのがあります。見た目にはごく普通の尿に見えるのに、尿検査で「血尿」と判定されるケースです。これは尿を400倍の顕微鏡で見たときに、正常なら1視野あたりに1個程度の赤血球が見えるのに対し、5個以上ある場合をいいます。

 顕微鏡的血尿は尿検査を受けない限りわかりません。肉眼的血尿が尿の排泄ルートのトラブルに起因する可能性が高いのとは逆に、顕微鏡的血尿の場合は尿の生成ルートに問題が起こっていることが多いという相違があります。

 なぜなら通常それほど多く排出されないはずの赤血球がどっさりあるということは、腎臓の網の目が破れているおそれがあるということだからです。腎臓に関して自覚症状が出てくるのは、問題が深刻化してからです。患者さんの検査結果を見て、例えばクレアチニンなどで腎機能の低下を示す数値を見たら、必ず尿検査で腎機能に問題がないかどうかも精査するようにしましょう。なお、赤色の尿でも血尿ではない場合もあります。

>> 続きを読む
ページトップへ