お気に入りに登録

【連載】知っておきたい! 在宅での必要な手技と医療機器・医療材料の取り扱い

在宅での排便コントロールとは?

監修 LE.O.VE株式会社

LE 在宅・施設 訪問看護リハビリステーション

S top 4color  1  min

執筆 鎌田勇気

LE.O.VE株式会社 蒲田店 チーフ

S top 4color  1  min

排便コントロールって何?

 「排便」は生きていく上で必要な生理現象であり、「摂取」したら「排泄」する。この当たり前の現象が過剰になったり、滞ったりすることにより生じるのが「下痢」「便秘」です。

 排便コントロールとは、これらを「内服」や「食事や水分の摂取調整」、「マッサージ」、「摘便」等をすることにより適切にコントロールすることを言います。

 在宅療養されている方の多くはこの「排便コントロール」に悩まされています。原因として、
・ 大腸機能の低下(加齢による腸機能の低下や弾力性の低下)
・ 筋力の低下(加齢や運動不足により排便に必要な筋力の低下)
・ 摂取量の低下(必要カロリー量の低下により摂取量の減少、尿失禁を心配することにより水分摂取量の低下)
などが挙げられます。

排便コントロールのアセスメント

 在宅だからといって病院での排便コントロールとの大きな違いはありません。
 必要なのは問診、触診、全身状態の確認です。

>> 続きを読む
ページトップへ