お気に入りに登録

【連載】Newsのツボ

TOPIC | iPS細胞の臨床応用における動きを知っておこう

%e3%83%84%e3%83%9b%e3%82%99

看護師の皆さんへのアンケートでも関心が高かった「iPS細胞」。2012年に開発者である山中伸弥京都大学教授がノーベル生理学・医学賞を受賞したことで一躍知られるところになりました。以来、臨床への応用が研究され、それに関連したさまざまなニュースも報じられています。そこで、iPS細胞にかかわる研究等が現在どのように進んでいるのか、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)国際広報室に聞きました。


まず、iPS細胞をおさらいしておきましょう

「iPS細胞(induced pluripotent stem cell)」は、日本語では「人工多能性幹細胞」といいます。皮膚や血液などの細胞に、ごく少数の因子を導入し、培養することによって作製することができます。また、さまざまな組織や臓器の細胞に分化する能力と、ほぼ無限に増殖する能力をもつことが大きな特徴になっています。

 名付け親は、世界で初めてiPS細胞の作製に成功した京都大学の山中伸弥教授です。

現在は臨床応用に向け、多くの疾患にかかわる研究が進んでいます

 2006年にiPS細胞の樹立が初めて報告されてから、世界中の研究により樹立方法は大きく進歩し、また品質の評価方法も確立されつつあります。

 初めての臨床応用は、加齢黄班変性の患者さんにiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞を移植する再生医療で、動物実験による安全性の検証を経て、2013年に臨床研究を開始することが厚生労働省で承認されました。2014年には、患者さんの身体の細胞から作ったiPS細胞由来網膜色素上皮細胞が、その患者さんに移植されました。経過は良好で、現在も異常はみられていません。2017年には、他人の細胞から作ったiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞の移植が行われ、現在も臨床研究が継続中です。

 さらに、脊髄損傷パーキンソン病心不全に加え、角膜や血液の一部の疾患に関しては、iPS細胞から必要となる細胞が作られ、安全性が動物実験で検証されています。一方、患者さんの細胞から作ったiPS細胞由来の細胞を用い、難病治療薬を探索する研究も進んでいます。2017年にはFOP(進行性骨化性線維異形成症)の候補薬の治験が始まりました。

品質のよいiPS細胞を備蓄する計画が進んでいます

 2014年に行われた第一例目の加齢黄斑変性の臨床研究は、先に述べたとおり患者さん自身の体細胞から作ったiPS細胞由来の網膜の移植でした。このように患者さんから作ったiPS細胞を利用して再生医療を行った場合、免疫拒絶がほとんど起きないとされていますが、安全性の検証は必要です。しかし、iPS細胞を作製し、必要な細胞へと変化させ、さらに移植をすることが可能かどうか安全性の確認をするためには、莫大な費用と時間がかかります。一人ひとり個別にiPS細胞を作るのは現実的ではありません。

 そこで、CiRAでは、免疫反応で拒絶されにくい細胞を集め、あらかじめ安全性の確認を行い、品質が保証されたiPS細胞を作製する研究を行っています。そして、これを備蓄する「再生医療用iPS細胞ストック」を用意し、移植用の細胞を準備するための費用と時間を大幅に削減することに挑戦しています。現在、日本赤十字社や日本骨髄バンクなどの協力で、拒絶反応を起こしにくい特殊な型の免疫をもつ人を探し出し、細胞の提供を受けています。近い将来、日本人の半数以上をカバーするiPS細胞を作製・保存する計画です。