お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

ガス抜き(駆風浣腸)とは|方法と手順〜根拠がわかる看護技術

解説 浦田克美

東葛クリニック病院 皮膚・排泄ケア認定看護師

Main compression

【目次】

※「ガス抜きの手順」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


ガス抜き(駆風浣腸)とは

 ガスの貯留による腹部膨満、それに伴う腹痛や悪心などを緩和するために行われるケアです。肛門にカテーテルを挿入し、ガスの排出を促します。

 大腸内視鏡検査後、腸内に残った空気を抜くために行うこともあります(腸内に空気を送り込んで検査を行うため)。

ガス抜きの禁忌

 肛門にカテーテルを挿入するため、肛門周囲に病変がある、炎症性疾患、疼痛や出血がある患者さんには禁忌です。ただし、軽度の痔の場合は、ケアを優先し実施することもあります。実施の際には、必ず医師に確認します。

ガス抜きのケアで注意したいこと

腹部のアセスメント

 実施前には、必ず腹部をアセスメントし、ガス貯留による腹部膨満であるかを確認します。腹部が膨満する理由には、ガスの貯留だけではなく、便の貯留、腹水の貯留などがあります。

 腹部が張っている部位で打診を行い、ガスであるかどうかを確認することが重要です。ガスは空気のため、打診を行うと鼓音がします。

 また、どこに貯留しているかをあらかじめ確認しておきます(図)。

 フィジカルアセスメントがとても重要になります。そのために、腸、肛門の解剖生理をよく理解しておきましょう。

腹部の打診

ガス抜きの手順

>> 続きを読む
ページトップへ