お気に入りに登録

【連載】日本パーキンソン病・運動障害疾患学会 第5回PDナース研修会レポート

パーキンソン病患者が利用できる医療福祉サービス【PR】

取材 ナースプレス編集部

Webサイト「ナースプレス」編集部

Np logo

S dainihon web min  1

パーキンソン病は、進行とともに姿勢保持や歩行の障害、認知機能の低下などを生じます。疾患への理解を深め、適切に看護できる人材の育成を目的に、日本パーキンソン病・運動障害疾患学会が主催となり、「PDナース研修会」が開かれています。2017年10月28日には、東京品川で行われた「第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス」において、「第5回PDナース研修会」が開催されました。今回はパーキンソン病患者さんが利用できる医療福祉サービスについてレポートします。

ページトップへ