お気に入りに登録

進行乳がん治療におけるパラダイムシフトとは

解説 ナースプレス編集部

Webサイト「ナースプレス」編集部

Np logo

Gakkai report

11月20日、ベルサール八重洲にて「新規の乳がん治療薬、パイブランス®の承認取得 本邦初のCDK4/6阻害剤で進行・再発乳がんに新たな治療選択肢 進行乳がん治療におけるパラダイムシフトとは」をテーマにプレスカンファレンスが開催されました。今回の講演では主に、CDK4/6阻害剤はどのような薬なのか、また、乳がん治療にどのような変化をもたらすのかということを中心に説明されました。その模様をレポートします。


 まず、昭和大学医学部乳腺外科学教授中村清吾先生が「転移・再発乳がん治療の変遷と展望」について講演されました。

乳がん治療の変遷

 医学の発展は日々進み、乳がん治療も同様に変化してきました。1900年代初頭は、診療にものさしを使用し治療は外科手術が主流でした。それが1980年代には、化学療法・ホルモン療法へと移行し、2000年以降は分子遺伝学的アプローチが取られるようになりました。

 そして現代では、啓蒙活動が進んでいることと、子供が少ない、初潮が早く閉経が遅い、など強いホルモンに晒される女性が時代とともに増え、乳がん患者さんは増加しています。早期発見できる乳がんも増えましたが、再発する患者さんも増えています。私たちは、早期発見だけに注目するのではなく、転移・再発した乳がんについても考えていかなくてはなりません。

転移・再発乳がんと初期乳がんは違うもの

 転移・再発乳がんは、乳がんの病期分類のステージⅢC~Ⅳを指します。ⅢB期までは、生存確率が比較的高く、リンパ節の転移がなければ9割は治癒するとされています。一方、転移・再発乳がんの5年生存率は約34%と低くなっています。しかし、Ⅳ期の乳がんの5年生存率は前立腺に次いで髙いため、その他の同期がんと比べると長い予後が期待できます1)

乳がんの病期分類

「初期乳がんの治療目的=がんを治す」ですが、「転移・再発乳がんの治療目的=がんと付き合いながら自分らしく生きる」ことと考えています。根治は難しいですが、乳がんはQOLを維持しながら延命することが可能ながんです。治療方針は、腫瘍の場所や特性だけではなく、症状や、患者さんの価値観、人生観などをふまえて決定します。

>> 続きを読む