【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

おむつの交換(おむつ+尿取りパッド)の手順とポイント

解説 浦田克美

東葛クリニック病院 皮膚・排泄ケア認定看護師

目次


おむつの交換(おむつ+尿取りパッド 両方)

物品の準備

必要物品

  • ディスポーザブル手袋(未滅菌)
  • ビニールエプロン
  • おむつ
  • 尿取りパッド
  • おしりふき(トイレットペーパーやウエットティッシュタイプのおしりふき)
  • タオル(患者さんにかけるため)
  • 廃棄物入れ

おむつと尿取りパッドの準備

・感染対策のため、看護師は手袋とエプロンを着用します。

1 おむつと尿取りパッドは、それぞれ左右に引っ張り、ギャザーをしっかりと立たせます。
どうして?:排泄物の横漏れを防止するギャザー機能を有効にするためです。

ギャザー伸ばし

2 おむつと尿取りパッドを細くなっている部分に合わせて重ねます。尿取りパッドはおむつのギャザーの内側に収まるようにします。
※女性で座位をとる時間が長い場合、排泄物が前方に貯留するので、尿取りパッドを前のほうに少しずらしておきます。

尿取りパッドの重ね方

3 尿取りパッドの背面側のバックシート(不織布の部分)を後面に折りたたみます。
どうして?:バックシートは排泄物を吸収しないためです。折りたたむことにより、排泄物が吸収体に流れて、吸収しやすくなります。

バックシートの折りたたむ位置

患者さんの準備

1 周りの患者さんにも配慮とプライバシー空間確保のためにカーテンを閉め、これからおむつを装着することを伝えます。

2 患者さんの寝衣の下肢部分を脱がせます。タオルなどをかけて、保温と患者さんの羞恥心に配慮します。

おむつの取り外し

1 患者さんを仰臥位にします。

2 おむつのテープを外し横に広げます。テープは内側に止めておきます。
どうして?:シール部分が体に触れないようにするためです。

おむつ外し_テープの止め方

3 上側のおむつと尿取りパッドを大腿の間に広げます。

4 排泄物の量と性状を確認します。

5 トイレットペーパーやウエットティッシュなどで、汚れている部分を拭き取ります。
拭き取る方向に注意します(図)。
陰部の汚染が強い場合には、陰部洗浄を行います(参考:陰部洗浄)。

拭き取る方向_男女

6 おむつと尿取りパッドを縦方向に丸めて大腿の間にまとめます。

おむつ外し_丸める

7 側臥位にして、おむつを下から縦方向に丸めていきます。

おむつ外し_上へ丸める

8 テープ側を横方向に腰にあたるところまで丸めていきます。

おむつ外し_テープ

9 丸めたおむつを臀部側にずらして廃棄します。

10 臀部の皮膚の状態を確認し、清拭します。

おむつの装着

1 手袋を交換します。

2 患者さんを側臥位にして少し膝を屈曲させ、新しいおむつと尿取りパッドを臀部にあてます。このとき、おむつの上側のテープが腰骨より上に、おむつの中央線は臀部の割れ目に合わせるようにします。

おむつの丸め方_まとめる

3 おむつの下側を身体の下へしっかりと入れ込みます。

おむつを下側へ

4 入れ込んだおむつを引き出します。頭側のテープが腰骨より上にあるか、また左右のテープが均等であるかも確認して調整します。

5 患者さんを仰臥位にします。

6 尿取りパッドを陰部にあてます。このとき、排泄物がしっかりと吸収されるように、男女別に尿取りパッドの調整を行います。

<男性の場合>
性器を尾側に向けます。尿取りパッドのギャザーを立たせて、尿道口に接する部分を凹ませてから当てます。

男性の尿取りパッドのあて方

<女性の場合>
尿取りパッドのギャザーを立たせて、パッドの中央部分を凸型にして、尿道口に添うように当てます。

女性の尿取りパッドのあて方

7 尿取りパッドのギャザー部分を軽くもち、鼠径部にギャザーを入れ込みます。

おむつ_鼠径部のあて方

8 尿取りパッドを横に広げます。

尿取りパッドを広げる

9 おむつも尿取りパッドと同様、ギャザー部分を軽くもち、鼠径部にギャザーを入れ込みます。

10 おむつの中央線が臍の位置になるように調整し、おむつを横に広げます。

おむつのあて方

11 おむつのシワを直し、おむつと身体の間に手のひらが入るくらいの余裕をもたせて、テープを止めます。鼠径部を締め付けすぎないように注意します。

<テープの止め方>
最初に足側のテープを斜め上方向に、次に頭側のテープを斜め下方向に止めます。

テープを止める順番

足側のテープ…上向きになるほど、足回りがきつくなります。
頭側のテープ…下向きになるほど、ウエスト周りがきつくなります。

頭側のテープを止める際には、腰骨にひっかけるように軽く斜め上方向に引っ張ります。

おむつの頭側のテープ

**12 おむつをめくり、おむつと尿取りパッドのギャザーが立っていることを確認します。

尿取りパッドのみの交換(おむつ+尿取りパッド)

物品の準備

必要物品

  • ディスポーザブル手袋(未滅菌)
  • ビニールエプロン
  • 尿取りパッド
  • おしりふき(トイレットペーパーやウエットティッシュタイプのおしりふき)
  • タオル(患者さんにかけるため)
  • 廃棄物入れ

尿取りパッドの準備

・感染対策のため、看護師は手袋とエプロンを着用します。

1 尿取りパッドを左右に引っ張り、ギャザーをしっかりと立たせます。
どうして?:排泄物の横漏れを防止するギャザー機能を有効にするためです。

ギャザーの立て方

2 尿取りパッドの背面側のバックシート(不織布の部分)を後面に 折りたたみます。
どうして?:バックシートは排泄物を吸収しないためです。折りたたむことにより、排泄物が吸収体に流れて、吸収しやすくなります。

バックシートの折りたたみのポイント

患者さんの準備

1 周りの患者さんにも配慮とプライバシー空間確保のためにカーテンを閉め、これからおむつを装着することを伝えます。

2 患者さんの寝衣の下肢部分を脱がせます。タオルなどをかけて、保温と患者さんの羞恥心に配慮します。

3 おむつのテープを外し横に広げます。テープは内側に止めておきます。
どうして?:シール部分が体に触れないようにするためです。

テープを外した後

4 上側のおむつと尿取りパッドを大腿の間に広げます。

5 排泄物の量と性状を確認します。

**6 トイレットペーパーやウエットティッシュなどで、汚れている部分を拭き取ります。
拭き取る方向に注意します。
陰部の汚染が強い場合には、陰部洗浄を行います(参考:陰部洗浄)。

拭き取りの方向

7 尿取りパッドを縦方向に丸めて大腿の間にまとめます。

8 側臥位にし、膝を少し屈曲させます。

9 使用済みのパッドを丸めて、廃棄します。

尿取りパッドののみの交換

10 おむつの位置を調整し、おむつと尿取りパッドを細くなっている部分に合わせて重ねます。尿取りパッドがおむつのギャザーの内側に収まるようにします。
※女性で座位をとる時間が長い場合、排泄物が前方に貯留するので、尿取りパッドを前のほうに少しずらしておきます。

11 手袋を交換します。

12 おむつと尿取りパッドを臀部にあてます。このとき、おむつの上側のテープが腰骨より上に、おむつの中央線は臀部の割れ目に合わせるようにします。

おむつの装着

1 手袋を交換します。

2 患者さんを側臥位にして少し膝を屈曲させ、新しいおむつと尿取りパッドを臀部にあてます。このとき、おむつの上側のテープが腰骨より上に、おむつの中央線は臀部の割れ目に合わせるようにします。

おむつの丸め方_まとめる

3 おむつの下側を身体の下へしっかりと入れ込みます。

おむつを下側へ

4 入れ込んだおむつを引き出します。頭側のテープが腰骨より上にあるか、また左右のテープが均等であるかも確認して調整します。

5 患者さんを仰臥位にします。

6 尿取りパッドを陰部にあてます。このとき、排泄物がしっかりと吸収されるように、男女別に尿取りパッドの調整を行います。

<男性の場合>
性器を尾側に向けます。尿取りパッドのギャザーを立たせて、尿道口に接する部分を凹ませてから当てます。

男性の尿取りパッドのあて方

<女性の場合>
尿取りパッドのギャザーを立たせて、パッドの中央部分を凸型にして、尿道口に添うように当てます。

女性の尿取りパッドのあて方

7 尿取りパッドのギャザー部分を軽くもち、鼠径部にギャザーを入れ込みます。

おむつ_鼠径部のあて方

8 尿取りパッドを横に広げます。

尿取りパッドを広げる

9 おむつも尿取りパッドと同様、ギャザー部分を軽くもち、鼠径部にギャザーを入れ込みます。

10 おむつの中央線が臍の位置になるように調整し、おむつを横に広げます。

おむつのあて方

11 おむつのシワを直し、おむつと身体の間に手のひらが入るくらいの余裕をもたせて、テープを止めます。鼠径部を締め付けすぎないように注意します。

<テープの止め方>
最初に足側のテープを斜め上方向に、次に頭側のテープを斜め下方向に止めます。

テープを止める順番

足側のテープ…上向きになるほど、足回りがきつくなります。
頭側のテープ…下向きになるほど、ウエスト周りがきつくなります。

頭側のテープを止める際には、腰骨にひっかけるように軽く斜め上方向に引っ張ります。

おむつの頭側のテープ

12 おむつをめくり、おむつと尿取りパッドのギャザーが立っていることを確認します。

ページトップへ