お気に入りに登録

【連載】やってみよう! フットケア

第7回 角化した部位のケア・観察

執筆 山口晴美

NANA NURSING THERAPY代表・看護師

Main compression

 今回は爪に続いて足裏の角化した部位などに行うやすりがけについてです。
 
 角化は生活環境による乾燥、靴などの外的刺激(摩擦)、疾患や加齢による代謝低下が原因で起こります。  
 
 病気でなくても私たちのかかとや指先の皮膚が角化して硬くなったり、カサついて靴下に引っかかったり、ひび割れて痛かったりしますね。
 
 糖尿病や高齢の患者さんにとっては感染の原因にもなることもあり、角化のケアは大切です。それには皮膚の構造、役割を理解し、適切なケアをしましょう。


1.皮膚の役割と構造

皮膚の断面図

 皮膚は身体の表面を覆い、外的刺激から保護する、体温調節、知覚、排泄等を行う器官です。皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっています(図)。
 
  >> 続きを読む

ページトップへ