お気に入りに登録

【連載】手術室看護の基本を知ろう!

手術に用いる器具にはどんなものがある?

執筆 佐藤大介

東北医科薬科大学病院 手術部 手術看護認定看護師

S main min

 手術室にはそれぞれの術式に合わせた器械・器具が何千種類と存在します(大げさではありませんよ)。入職したばかりの新人さんにとって器械・器具の名前を覚えるは最初のつまずきポイントではないでしょうか。

 器械出し看護師は手術に使用する器械・器具をすべて記憶し手術の進行に応じて外科医師にスムーズに渡す必要があります。多いときには一回の手術で約千回以上の受け渡しがあるとされており、器械・器具をスムーズに渡すことは手術時間の短縮に繋がり、患者さんへの負担を少しでも軽くすることに繋がります。

 すべての器械・器具を紹介すると膨大な量になってしまいますので、今回は普段よく使う器械・器具について紹介していきたいと思います。


よく使う器具

鉗子(かんし)類

鉗子

 鉗子とは組織や臓器を把持するための器械です。使用用途によって種類が沢山あり、先端に鉤があるのが有鉤鉗子(ex.コッヘル)、鉤がないのが無鉤鉗子(ex.ペアン)といいます。また、先端が丸い、細い、弯曲の程度などで名称が変わってきます。さまざまな種類があり、術野の状況に応じて使い分ける必要があります。
 
>> 続きを読む