お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

与薬とは?5R(6R)、剤形別特徴と投与の手順

執筆 高梨あさき

順天堂大学医療看護学部/大学院医療看護学研究科 講師

【目次】

※「剤形別特徴と投与の手順」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


与薬とは

 与薬とは病気の程度やその症状に合わせて薬を与えることです。看護師は、医薬品を医師の指示のもと正しく与薬するための確認や管理、服薬指導、直接的な与薬の実施、実施後の観察など重要な役割を担っています。目的に合った効果が得られているか、また副作用がないかをしっかり観察し、治療にフィードバックしていくことが求められています。

 注射法以外の主な与薬経路の種類としては、経口内服薬、口腔内薬、直腸内薬、点眼薬などで、そのほかに貼付剤、吸入剤、塗布・塗擦剤などがあります。

 与薬時のエラーを減らすための対策として、指差し声出ししながら5項目(表1)についてRightつまり正しい事(5R)を確認することが重要です。確認のタイミングは与薬指示受け時、与薬準備時(この間、更に3回)、与薬直前など各段間で確実に行いましょう。さらに準備時や施行直前などは2人以上の目で確認(ダブルチェック)を行うことも多くの施設で取り入れられています。そして、何かおかしいと感じたときは必ず立ち止り、確認や相談を行う意識を持つことも重要です。

*5Rだけでなく「正しい目的」、「正しい記録」などを含め6Rと言ったりもします。

5R

与薬の準備の共通事項

1 処方箋の記載内容と薬剤の記載内容について5Rを確認する。
2 これから使用する薬剤の作用と患者さんの病態が合っているか、年齢や性別、アレルギーの有無等も含めて総合的にアセスメントする。
3 患者さんへの説明と同意を得る。

>> 続きを読む
ページトップへ