お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

温罨法とは|温罨法の基礎知識(目的・効果・注意点)〜根拠がわかる看護技術

解説 佐居由美

聖路加国際大学 基礎看護学・看護技術学 准教授

【目次】


温罨法とは

 身体の一部に温熱刺激を与える(温める)看護技術です。患者さんの安楽・精神的安定のために重要なケアです。

どんなときに行う?

 治療として医師が指示する以外に、看護師の判断で行うこともあります。また、患者さんの希望により実施する場合もあります。

温罨法の効果

 温熱刺激が血管・循環器系、筋肉・神経系に作用して、局所や身体を加温・保温し、血管拡張や血流増加、代謝亢進などを促します。そのため、単に身体を温めるだけではなく、疼痛緩和、入眠の促進など、さまざまな効果をもたらします。

 腰背部や腹部を温める温罨法では、便秘症状を緩和する効果があるとされ、検証が行われています。

新陳代謝促進
うっ滞の除去
循環血液量の増加(血行促進)
筋の緊張・拘縮の除去
疼痛緩和(筋肉痛・肩こり・関節痛・がん性疼痛などの慢性疼痛)
機能訓練実施前の処置
安楽
悪寒時の保温
身体加温・保温(体温・皮膚温の上昇)
腸蠕動促進(排便促進、排尿促進)
入眠促進・リラクセーション(鎮静)
精神的興奮の安静・安楽

温罨法に用いる道具の種類

>> 続きを読む
ページトップへ