お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[日看協]健康で安全な職場目指し、看護職の労働衛生GLを策定 

S 827756 min

 日本看護協会は3月28日、「看護職の健康と安全に配慮した労働安全衛生ガイドライン(GL)」を発刊した。看護職の働き方や働く場所の多様化が進む中、健康で安全に働き続けられる職場環境の整備が求められている。こうした背景を踏まえGLは、「健康で安全な職場(ヘルシーワークプレイス)」の実現という目標達成のために、業務上の危険への適切な対処と、健康づくりの2つの視点からアプローチすることを提唱した。日看協は5月中旬に病院、診療所、介護・福祉施設、在宅サービス事業者など、同会会員の所属先、約1万4,000カ所にGLを配布する予定。

>> 続きを読む
ページトップへ