お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

ムンテラとは|方法とコツ

解説 大口祐矢

看護師 根拠がわかる看護義塾(http://kango.pw/)

目次

※「ムンテラの方法」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。

※一般的な方法を紹介しています。実施にあたっては各施設の方法にしたがってください。

ムンテラとは?

 ムンテラはドイツ語の「MundTherapie」から派生した略語で、医師から患者さん、もしくは家族に、現在の病状や今後の治療方針などを説明することをいいます。

 通常、ムンテラは入院時に行われますが、治療方針が変わったときなど、入院中に複数回実施されることもあります。ほとんどの場合、看護師が同席し、ムンテラの内容や患者さん・家族の様子を記録します。

 ムンテラと同じような意味の言葉に、「インフォームドコンセント(informed consent:IC)」がありますが、説明すること(inform)だけではなく、同意すること(consent)という意味が含まれています。

 そのため、患者さんや家族の同意が必要な場合には、「インフォームドコンセント」を使用します。

ムンテラの方法

 ムンテラは、①日程調整→②準備→③実施→④患者さん・家族の理解度の確認→⑤記録という流れで行います。

>> 続きを読む
ページトップへ