お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[医療改革] 75歳以上2割負担、給付率調整を提言 社会保障WGで財務省

 財務省主計局は4月19日の経済・財政一体改革推進委員会「社会保障ワーキング・グループ(WG)」に提出した資料で、75歳以上の後期高齢者の自己負担2割への引き上げや、現役世代の負担能力を超えて医療費が増加した際の保険給付率見直しなどを提案した。
>> 続きを読む

ページトップへ