お気に入りに登録

【連載】酸素の上げどき?下げどき?

夜だけSpO2が下がってしまう患者さんの酸素のウィーニング[うまくいかなかった!]

執筆 伊藤幾代

国立病院機構 西埼玉中央病院 慢性呼吸器疾患看護認定看護師

酸素の上げ下げを考えるとき、患者さんが低酸素状態になっているかどうかを見極めなければなりません。ここでは、うまくいかなかった事例から見極め方を解説します。


事例紹介

70代男性心不全・肺炎
既往:高血圧・心房細動

●入院に至る経過
入院2週間前頃より咳嗽・痰が出現し、近医にて感冒薬を処方されたが症状が改善しなかった。数日前より労作時の息切れや全身の倦怠感とともに、下肢や顔面にむくみが出現してきた。また、咳嗽もひどくなり夜間なかなか寝つけないようになった。
その後も症状が改善せず、呼吸苦も強くなりトイレまで歩くのもつらくなってきたため、心配した家族に付き添われて外来を受診。肺炎を合併した心不全と診断され、心不全の治療目的にて入院となった。

●入院時の状態
誤嚥性肺炎との診断で抗生剤治療を開始、モニターを装着する。
[バイタルサイン] 意識清明、体温37.8℃、脈拍130回/分・リズム不整、血圧156/88mmHg、呼吸回数25回/分、SpO2 88%(室内気下)。右上肺野で吸気時coase craklesを聴取、また心尖部に収縮期雑音が聴かれた。下腿に浮腫著明。
[画像検査]胸部X線CTR65%、肺うっ血あり、胸水貯留あり[採血データ]WBC 11,600/μL、CRP 4.25mg/dL
[動脈血液ガス検査]pH7.426、PaO2 56.4 Torr、PaCO2 35 Torr、HCO327.8
[Nohria/Stevenson分類]Wet&Warm

※Wet&Warm=肺うっ血があり(Wet)、血圧が維持(Warm)された状態で、左室拡張末期圧が高いものの心拍出量が維持されている状態


慢性心不全と睡眠時無呼吸症候群
心不全になると、体内の血液循環が障害され、全身の器官に十分な酸素が行き渡っていない状態になります。
主な原因には、心筋症、弁膜症、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患、先天性心疾患や高血圧、甲状腺疾患などが挙げられます。

慢性心不全となると、慢性の心筋障害による心臓ポンプ機能の低下が長時間続き、代償機転ではカバーしきれなくなり破綻してしまった状態となっていると考えられ、主な症状として、全身倦怠感、呼吸困難、運動耐容能低下、食欲不振、浮腫などが見られます。

心不全患者さんは、睡眠時無呼吸を併発している人も多く、また、閉塞性睡眠時無呼吸は心不全の原因となることもあります。

酸素化と酸素療法の経過(図1・2)

>> 続きを読む
ページトップへ