お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[がん対策] 小児・AYA世代の年間がん診断症例数を推計 がん研究センター

 国立がん研究センターは5月30日、2009年から2011年に新たにがんと診断された小児(0~14歳)・AYA(15~39歳)世代のがん罹患率を人口集団ベースで集計し、がん情報サービスのウェブサイト上で公開した。これまで小児からAYA世代のがん罹患率を全国規模の人口集団ベースで、小児がん国際分類に沿って集計した例はなく、これら世代に多く見られるがん種の順位とともに、初めての公表となった。
>> 続きを読む

ページトップへ