お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

ナラティヴとは|ナラティヴと看護の接点

解説 吉田 みつ子

日本赤十字看護大学 准教授

目次

※「意味づけは更新される」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。

ナラティヴの基本知識

ナラティヴとは

 ナラティヴ(narrative)という言葉は、物語、語りという意味です。語られた言葉、内容、語り口などを指します。音声や文字で表されるものだけではなく、語られる時の身振りや表情など非言語的なものも含みます。

 ナラティヴについては、多くの研究者がその定義や概念を示しており、物語、語りという言葉の意味にはとどまらない、大きな広がりをもっています。また、ナラティヴは医療・看護の世界に限らず、社会全体に浸透しています。

 医療におけるナラティヴは、近年、「ナラティヴ ベースド メディシン(Narrative Based Medicine:NBM)」が重要視されています。これは「物語りと対話に基づく医療」という意味で、患者さんが語る経験や患者さんと医療者の対話を通して、患者さんの病いの経験や治療の意味に着目し、より個別性の高い医療を提供することを大切しています。

ナラティブとは

意味づけが重要

 ナラティヴは単なる語りではなく、そこに含まれる意味が重要になってきます。ナラティヴの研究者、マーシャ・ロシターは、「ナラティヴは意味づけの行為であり、経験に意味を与えていく方法である」と示しています1)。

 例えば、自分がとても「もやもやした気持ち」になったとします。そのときに、もやもやした体験を誰かに語ること、つまり言語化することによって、「なぜ私はもやもやしたんだろう」と考え、その状況や理由が腑に落ち、「だからもやもやしたんだ!」と何らかの意味づけができることがあります。そうすることで、もやもやした体験がストーリーとなり、経験となっていきます。

意味づけは更新される

>> 続きを読む
ページトップへ