お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[認知症] 認知症での免許取消し・停止は1,892人 道交法改正で警察庁

 75歳以上の高齢運転者対策を強化した改正道路交通法の施行から約1年間で、認知機能検査をきっかけに認知症と診断され、免許取消し・停止となった人は1,892人に上ることが6月7日、警察庁のまとめで明らかになった。施行前の2016年の597人と比べると、約3倍に増えたことになる。
>> 続きを読む

ページトップへ