お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[医療費] 75歳以上で多剤投与が増える傾向 厚労省データ

Mc %e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

 厚生労働省が6月7日に公表した「薬剤種類別にみた処方せん枚数(受付回数)の分布」によると、75~100歳にかけて年齢が高くなるほど、処方せんに記載される薬剤種類数が増加する傾向にあることがわかった。
>> 続きを読む

ページトップへ