お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

清拭の目的と看護師が行う意義、手順

執筆 菱谷 怜

医療法人社団 成仁病院

監修 野崎 真奈美

順天堂大学大学院医療看護学研究科 教授

【目次】

※「準備」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。

日常業務として行っている清拭。目的や看護師が行う意義、清拭の際の観察のポイントなどをおさらいしておきましょう。


目的と意義

 身体の清潔を保持することは人間の欲求であり、日常生活動作の一つでもあります。しかし、何らかの要因でセルフケアが困難となると、清潔の保持が難しくなり、患者さんに社会的・精神的な影響を及ぼすばかりか、皮膚機能の破綻を招き、疾病の回復の妨げになる可能性があります。看護師は清潔援助を行う目的を十分に理解し、かかわる必要があります。

 まず、皮膚には発汗および皮膚血管の拡張・収縮により体温を調整する機能があります。また、外的刺激からの保護機能や、汗腺から出る分泌物は酸性で抗菌作用をもつため感染予防の役割があります。

皮膚を清潔にすることで得られること
1 皮膚のバリア機能を保つことで感染予防に繋がるとともに、体温調節機構も正常に保つことができる
2 温熱刺激や拭くというマッサージ効果により血液循環が促進され、細胞への栄養・酸素供給量の増加や浮腫の軽減が期待できる
3 清拭は、入浴やシャワー浴に比べて呼吸・循環に及ぼす影響が少ないため、入浴による負荷に耐えられない患者さんに対する清潔方法として適用することができる

 施設によっては清潔援助を看護師以外の職員が行う場合もありますが、看護師が直接清拭を実施することでアセスメントに必要な以下の情報を得ることができます。

①皮膚の状態の観察
 発疹や表皮剝離、内出血や熱感の有無、乾燥や湿潤状態などを把握できます。直接触れることでより詳しい状態を知ることができます。乾燥の程度は、使用する洗浄剤の種類を検討する際の情報になります。

②寝衣で隠れている部位の様子の把握
 寝衣に隠れている褥瘡好発部位を観察できるため、早期発見に繋がります。看護師が直接観察するため、何度も患者さんに寝衣を脱いでもらう負担を減らすことができます。

③現在の認知機能や身体機能の把握
 患者さんへの声かけの反応を見ることで、認知機能の把握につながります。また、関節の可動域、ベッド柵に掴まることができるのか、臥位で膝を立てていられるか、動作時の息切れやバイタルサインの変化等、保清中の患者さんの動作から現在の身体機能の変化が把握できます。

 清拭実施前に十分評価はしますが、温度変化や体位変換等により急変のリスクがあります。その際には、迅速な急変対応の必要性があるため、看護師が清潔援助を実施する意義は大きいと言えます。

準備

 清拭の一連の流れの中で、患者さんの安全を守りつつ、安楽が得られるように事前の評価や準備が必要になります。

>> 続きを読む
ページトップへ