お気に入りに登録

【連載】どの病棟でも押さえたい糖尿病の薬

グリニド薬(速効型インスリン分泌促進薬)|経口血糖降下薬

執筆 藤田成裕

日本赤十字社長崎原爆病院 内分泌・代謝内科部長

 糖尿病薬には作用が異なるさまざまなタイプの経口血糖降下薬があり、治療の主体となっています。看護の現場では、他の病気の治療のために入院した糖尿病の患者さんが、どのような糖尿病薬を使っているかを把握することは大切です。薬のタイプごとに異なる作用の仕組みや副作用など、糖尿病薬が変更される際の看護に役立つ知識を整理します。


目次


主な薬

●ナテグリニド(スターシス®、ファスティック®
●ミチグリニド(グルファスト®
●レパグリニド(シュアポスト®

作用・特徴:作用の仕組みはSU薬と同じで作用時間が短い

 膵臓のβ細胞に作用してインスリン分泌を促進する働きがある薬剤です。作用的にはSU薬と同様ですが、作用時間が3時間程度と短いことから、食直前の服用により食後の血糖上昇を抑制することが可能になります。
 
 空腹時の低血糖を起こしにくいことが利点としてある一方、インスリン分泌作用はSU薬よりも弱いため、SU薬と単純には置き換えることができません(図)。

グリニド薬とSU薬の違い

使用患者さん:インスリン分泌能が低下している人

>> 続きを読む
ページトップへ