お気に入りに登録

【連載】どの病棟でも押さえたい糖尿病の薬

αグルコシダーゼ阻害薬|経口血糖降下薬

執筆 藤田成裕

日本赤十字社長崎原爆病院 内分泌・代謝内科部長

%e8%97%a4%e7%94%b0%e6%88%90%e8%a3%95 photo

%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

 糖尿病薬には作用が異なるさまざまなタイプの経口血糖降下薬があり、治療の主体となっています。看護の現場では、他の病気の治療のために入院した糖尿病の患者さんが、どのような糖尿病薬を使っているかを把握することは大切です。薬のタイプごとに異なる作用の仕組みや副作用など、糖尿病薬が変更される際の看護に役立つ知識を整理します。


目次


主な薬

●アカルボース(グルコバイ®
●ボグリボース(ベイスン®
●ミグリトール(セイブル®

作用・特徴:腸管でのブドウ糖の吸収を穏やかにする

 食後の血糖値の上昇は、まず、腸管からブドウ糖が吸収されることから起こります。この吸収を遅らせることで血糖上昇を緩やかにするのが、αグルコシダーゼ阻害薬のねらいです。

 炭水化物には単糖類と多糖類とがあり、多糖類は単糖類が多く結合しているものです。炭水化物が腸管から吸収されるためには、ブドウ糖という単糖類の形態である必要があります。αグルコシダーゼという腸管内にある酵素には、多糖類を分断して単糖類にする作用があり、これにより、単糖類は腸管から吸収されます。αグルコシダーゼ阻害薬はこの作用を邪魔することで、多糖類が単糖類になるのを遅らせ、結果として血糖値の上昇が緩やかとなります(図)。いずれの薬剤も食直前に内服するものです。

αグルコシダーゼ阻害薬の働き

使用患者さん:他の薬剤と併用する患者さんが多い

 積極的に血糖値を下げる作用があるわけではないので、単独で低血糖は起こりにくい半面、その効果は高くありません。糖の吸収を遅らせる作用のため、食事の直前に服用する必要があります。

 また、他の薬剤と併用することが多い薬剤です。患者さんの意思で治療方針通りに内服するという、服薬アドヒアランスが低くなりがちな薬剤であるため、入院中には十分な説明、管理が必要です。

副作用と観察:放屁の増加、腹満感は1週間ほどで消失する

 主な副作用としては、放屁の増加、腹満感があります。薬剤の作用上、避けにくい副作用ですが、1週間ほどで消失します。患者さんが不安に感じないように、特に十分な説明を行っておく必要があります。また、便秘や下痢をきたすことがあるため、排便状況を確認することも大切です。

病棟での注意:食直前の服用が守られているか

 食直前に内服するため、与薬・服用の流れを患者さんに説明しておく必要があります。また、腸管の手術を伴う既往をもつ患者さんは、腸閉塞などを起こすことがあります。この薬剤を服用している患者さんに低血糖が生じた場合は、単糖類であるブドウ糖以外は速やかな吸収が阻害されているため、ブドウ糖の投与が必須です。
 


この記事はナース専科2017年10月号より転載しています。

ページトップへ