お気に入りに登録

【連載】どの病棟でも押さえたい糖尿病の薬

DPP-4阻害薬|経口血糖降下薬

執筆 藤田成裕

日本赤十字社長崎原爆病院 内分泌・代謝内科部長

%e8%97%a4%e7%94%b0%e6%88%90%e8%a3%95 photo

%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

 糖尿病薬には作用が異なるさまざまなタイプの経口血糖降下薬があり、治療の主体となっています。看護の現場では、他の病気の治療のために入院した糖尿病の患者さんが、どのような糖尿病薬を使っているかを把握することは大切です。薬のタイプごとに異なる作用の仕組みや副作用など、糖尿病薬が変更される際の看護に役立つ知識を整理します。


目次


主な薬

●シタグリプチン(ジャヌビア®、グラクティブ®
●ビルダグリプチン(エクア®
●アログリプチン(ネシーナ®
●リナグリプチン(トラゼンタ®
●テネリグリプチン(テネリア®
●アナグリプチン(スイニー®
●サキサグリプチン(オングリザ®)など多数

週1回製剤
●トレラグリプチン(ザファテック®
●オマリグリプチン(マリゼブ®

作用・特徴:インスリンを分泌できる時間を長くする

 腸管に存在する細胞にK細胞、L細胞という細胞があります。これらはそれぞれGIP、GLP-1というインクレチンと呼ばれる種類のホルモンを分泌します。インクレチンは身体のさまざまな部位に作用し、その1つに、膵臓のβ細胞に作用しインスリンを分泌させる働きがあります。
 
 インクレチンは、食事を摂取すると分泌され、たった数秒間で血液中からなくなってしまいます。これはDPP-4という酵素が存在するためで、この酵素の働きによってインクレチンはその作用を失ってしまうのです。DPP-4阻害薬は、DPP-4のこの働きを阻害することによって、インクレチンの作用を長持ちさせます(図)。

DPP-4阻害薬の働き

 食事を摂取した際に作用が発揮されるので、食事を摂らなければ血糖が下がりすぎることはありません。また、1日に1~2回内服することが多いですが、最近ではトレラグリプチン(ザファテック®)やオマリグリプチン(マリゼブ®)など、1週間に1回のみの内服で効果が持続する製剤もあります。
 

使用患者さん:発症早期から幅広い患者層で使用されている

 低血糖のリスクが低いことから安心して使用でき、効果も高いため、急速にその使用頻度が増しています。糖尿病発症の早期や合併症が生じている患者さんにも使いやすいため、この薬を使用している患者さんを担当する機会は多いと思われます。腎機能が低下した患者さんにも、リナグリプチン(トラゼンタ®)などは安心して使うことができます。

副作用と観察:食事が改善した際に血糖が下がりすぎる場合も

 単独の使用では低血糖を生じにくいものの、SU薬やグリニド薬、インスリン製剤を併用している患者さんでは、低血糖を起こすリスクがあるので、注意が必要です。入院中の食事療法により血糖が下がりすぎる場合もあります。

病棟での注意:基本的に絶食時は内服を中止する

 広く使用されている薬剤であるため、他疾患の治療で入院中の患者さんが服用している場合も多くあります。絶食になった場合でも、単独の使用では低血糖は生じにくいものの、基本的に絶食時は中止します。しかし、食事量が不安定な患者さんには、低血糖が生じにくい利点があるため、むしろ使用しやすい薬剤です。ただし、週1回製剤は、内服を中止しても1週間はその効果が続いているため、他の糖尿病薬が開始になる際には気をつける必要があります。


この記事はナース専科2017年10月号より転載しています。

【その他の薬剤】
SU薬(スルホニル尿素薬)
グリニド薬(速効型インスリン分泌促進薬)
αグルコシダーゼ阻害薬
ビグアナイド薬
チアゾリジン薬
SGLT2阻害薬
インスリン製剤
GLP-1受容体作動薬

ページトップへ